Wiggle

マウスジェスチャによるコマンドショートカット入力機能とジェスチャによるプラグインの実行環境を提供


レビュー

Wiggle SSクリックで拡大します ジェスチャーで「N」を入力(【command】+【N】)し、テキストエディットで新規文書ウィンドを開くシステム環境設定型のマウスユーティリティ。マウス位置を教えてくれたり、マウスを“ゆり動かす(wiggle)”ことでコマンドを実行したりできる。
「Wiggle」は、マウスポインタの位置を簡単なアニメーションで知らせる「AfterSaver Effect」、マウスの軌跡によるアルファベットの入力などで、キーボードショートカットを実行できる「Wiggle Effect」の二つの機能を持つマウスユーティリティ。
「AfterSaver Effect」では、一定時間マウス操作が停止したあと、再びマウスが動いた際に、簡単なアニメーションでマウスのある位置を知らせてくれるもの。停止時間は1分〜60分の範囲で指定できる。アニメーションは(将来の追加を想定...

>> 記事全文を読む

動作環境

Wiggleの対応動作環境
ソフト名:Wiggle
動作OS:OS X
機種:Mac
種類:シェアウェア:972円
作者: Kazumi Koike 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!


「マウス用」カテゴリーの人気ランキング

  1. Wiggle マウスジェスチャによるコマンドショートカット入力機能とジェスチャによるプラグインの実行環境を提供(ユーザー評価:0)
  2. Mouse Navigator ダイアログ/アラートの特定のアイテムにマウスポインタを自動的に移動させる(ユーザー評価:0)
  3. 速打くん for Mac 自動マウスクリックソフト速打くんのOS X版(ユーザー評価:4.5)
  4. WarpCursor for X マウスカーソルが画面の端にまで移動したら、反対側へワープさせる MacOS X 専用(ユーザー評価:3.5)
  5. ScrubDelete X マウスを振ってファイルをゴミ箱へ(ユーザー評価:0)

「操作関係」カテゴリのソフトレビュー

  • AutoMacKey 0.7 - 特別な知識がなくても自動化を実現できるキーマクロソフト
  • Wiggle 1.0.1 - マウスを“ゆり動かす”ことで、メニューコマンドを実行できるユーティリティ
  • CoolFunction for X 1.2.0 - ファンクションキーからアプリケーションや書類をすばやく開けるキーボードユーティリティ
  • Keyboard Maestro 1.0.2J - アプリケーションの切り替えなど、ホットキーでさまざまな操作を行える多機能キーボードユーティリティ
  • Mouse Navigator 2.0 - マウスポインタを任意のボタン上に瞬間移動してくれるユーティリティ

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック