XTYPE

コマンドラインオプションで指定したファイルを読み上げる(標準出力にタイプ)


ソフト詳細説明

 VDM100 などの、音声化ソフトの上で使うために作った「拡張タイプコマンド」です。「拡張」は、ちょっとおおげさですか。
○コマンドラインオプションで指定したファイルを、読み上げます(標準出力にタイプ)。読み上げ中に、何かキーが押されると、直ちに読み上げを終了します。
○ファイル名の複数指定、ワイルドカードでの指定も可能です。と言うことは、複数のファイルを連続して読み上げさせることが出来ます。
○読み上げているファイルを、エディタに渡すことが出来ます。

動作環境

XTYPEの対応動作環境
ソフト名:XTYPE
動作OS:MS-DOS
機種:PC-98
種類:フリーソフト
作者: 田中 敏信 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

コマンドライン  オプション 


「テキストファイル用」カテゴリーの人気ランキング

  1. DivTxt 行を単位としてテキストファイルを分割する(ユーザー評価:0)
  2. 最終行削除 指定ファイルにある、最終の行を削除(ユーザー評価:0)
  3. KIM 機種依存文字列がテキストファイル内にあるかどうか調べる(ユーザー評価:0)
  4. 風流 俳句吟詠支援プログラム(ユーザー評価:0)
  5. MTYPE ソース タブ幅自在TYPEコマンド ソース(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック