98CRTドライバ

98用CRTをVGAを搭載したIBM-PC互換機で使えるように


ソフト詳細説明

旧型NEC-9800シリーズ用400ライン低解像度ディスプレイはVGAを登載したDOS/V機では使えないことになっています。ところがメルコなどサードパーティのNEC-9800シリーズ用Windowsアクセラレータ(WAB-1000など)ではなぜか400ラインしか映らないはずの98専用ディスプレイで640x480, 800x500までの表示を(苦しそうですが)サポートしています。また、いわゆる「30行BIOS」が開発されていることからも、98専用ディスプレイでもVGA(480ライン)程度までならハードウェア的には対応可能なようです。

本プログラムは画面表示用デバイスを直接操作して、VGAカードが出力する31.5kHzの水平同期信号を無理矢理NEC-9800シリーズ用の24kHzに近い(同じではない)信号にして98専用ディスプレイへの表示を実現するものです。同様のソフトとして、例えば市販ソフトではVGA/98DriverというPS/55note用ソフトがあります。ところが、これがイカモノ系ソフトの割に価格は\14800と、気軽に試すにはとても高価な代物です。ソフト+中古98ディスプレイを買うお金で、まともなVGA対応ディスプレイが買えてしまうのではおもしろくありません。そこでアセンブラの勉強を兼ねて作ってみたのがこのプログラムです。

動作環境

98CRTドライバの対応動作環境
ソフト名:98CRTドライバ
動作OS:MS-DOS
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: AY1967 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

基本料金無料の『みんなの電子署名』

■関連キーワード

互換  VGA  CRT 


「画面設定その他」カテゴリーの人気ランキング

  1. PANSI コンパクトで常駐解除可能なansi.sys代用ドライバ(ユーザー評価:0)
  2. SCAN31 水平周波数を31Khz固定 乱れていた画面が見えるようになる(ユーザー評価:0)
  3. GA-1024系モードチェンジャー GA-1024A/1280A(I/Oデータ)で、アクセラレータの画面モードを変える(ユーザー評価:0)
  4. BEEP BEEP音制御ユーティリティ(ユーザー評価:0)
  5. High speed DISPlay 標準出力高速化ツール(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック
基本料金無料の『みんなの電子署名』