CIRRUS

60行表示ドライバ「MILD7」のシーラスロジック用差分


ソフト詳細説明

MILD7は、英語のDOS環境でVideo7のBIOSをエミュレートして、普通のVGAで80
×60文字のテキスト環境を実現するもので、PC-TOOLSやDOS 6.x添付のCentral
Point Software社製の各種テキスト・ユーティリティの60行表示(/60)オプション
が、ごく普通のVGAで利用できるようになります。

しかし、SOTEC WinBookなど、ディスプレイにCirrus Logicの液晶表示用拡張
BIOSが採用されている場合、MILD7が実現する80×30文字モードと80×34文字モー
ドがうまく表示できないことがありました。
これはCirrus Logicの液晶表示用拡張BIOSが採用されている機種でMILD7を利
用するためのパッチです。パッチ後の使用方法はオリジナルと全く同じです。オ
リジナルのアーカイブに添付されるMILD7.DOCを参照して下さい。

動作環境

CIRRUSの対応動作環境
ソフト名:CIRRUS
動作OS:MS-DOS
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: Altair☆ 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

ドライバ  差分  MILD  シーラスロジック 


「画面設定その他」カテゴリーの人気ランキング

  1. PANSI コンパクトで常駐解除可能なansi.sys代用ドライバ(ユーザー評価:0)
  2. SCAN31 水平周波数を31Khz固定 乱れていた画面が見えるようになる(ユーザー評価:0)
  3. TT21 PC-9821シリーズでコマンドラインから24KHz←→31KHzの切替を行う(ユーザー評価:0)
  4. CKCTL Caps・かなキー/GDC・水平同期周波数設定(ユーザー評価:0)
  5. GDCクロック切り替えユーティリティ PC-98シリーズのGDCクロックをリセットなしに即座に切り替えます(ユーザー評価:2.5)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック