CLFIL

DOSの起動時の CONFIG.SYSや AUTOEXEC.BATの実行画面をファイル化


ソフト詳細説明

CLFIL (Clip File) は DOSの起動時の CONFIG.SYSや AUTOEXEC.BATの実行画面をファイルに落とすために作成したプログラムです。

どちらの場合も CLFIL実行時の画面表示内容のファイルの作成をします。

なお、普通 1画面には収まらない為、複数回ファイル化しますが、ファイルの重複行を削除する自動連結機能が売りです。(^^;)

また、DOS/V版では US PCモードに対応していますので、日本語ドライバーが組み込まれる前の画面もファイル化できます。

動作機種は CLFIL98.LZH 内にあるのが PC9801&互換機用で、CLFILV.LZH 内にあるのが DOS/V機用です。8086コードでアセンブルしてありますので、CPUによる動作制限はありません。

PC98版はハイレゾ及び30行BIOSに、DOS/V版はV-Text及び US PCモード(IBM PC/AT,PC/XT互換機 VGA,CGA )に対応しています。

それぞれのバージョンは

CLFIL.COM Ver. 0.30 for PC-9801
Ver. 0.31 for DOS/V

動作環境

CLFILの対応動作環境
ソフト名:CLFIL
動作OS:MS-DOS
機種:IBM-PC PC-98
種類:フリーソフト
作者: 山口 忠勇 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

起動  SYS  CONFIG  BAT  AUTOEXEC 


「画面設定その他」カテゴリーの人気ランキング

  1. PANSI コンパクトで常駐解除可能なansi.sys代用ドライバ(ユーザー評価:0)
  2. MS-DOSプロンプト文字色・背景色設定コマンド MS-DOSプロンプト文字色・背景色設定コマンド(ユーザー評価:0)
  3. TSR Color DOS テキスト・モードで 262,144色中16色が可能(ユーザー評価:0)
  4. GA-1024系モードチェンジャー GA-1024A/1280A(I/Oデータ)で、アクセラレータの画面モードを変える(ユーザー評価:0)
  5. console.kit 子プロセスの出力内容から,範囲指定した部分をエディタ画面へ貼り付け(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック