その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

arrowTOP PAGE
arrowベクターソフトニュース TOP
・Pendulumania〜ぺんじゃらまにあ〜3D CosmosJu's iEditファーレントゥーガSAKURA
・ダウンロードランキングダイジェストVersion Upバックナンバー
・【私のイチオシオンラインソフト】|通り抜けループ/どこドアArchwayText ClipperAble CVMultiPOP Checker芸人街道爆進中?




練馬 ベク蔵
執筆者が日ごろから愛用している、“私のイチオシ”オンラインソフト(4)
Able CV for Windows95/98/NT 
思いがけないサムネイル作成速度の速さにシビれた
福住 護
「Able CV for Windows95/98/NT」の動作画面
■画像を見ながらExif情報をチェック。デジカメ活用に役立った

今年のテーマは「日ごろ使っているお勧めオンラインソフト」。ということで、筆者が推薦するのは「Able Catalog Viewer(Able CV)」である。ダウンロードランキング でも上位に顔を出しているようだし、もはや“定番”といってもよさそうなメジャータイトルだ。

日ごろオンラインソフトの記事を書いている人間が選ぶのだからと、もっとユニークでマイナーなものを期待された読者もいるかもしれないが、ソフトに触れる機会が多いと、かえって個々の印象は薄らいでしまうようで、結局その中で特に強い印象を残すソフトだけが浮き上がる形になる。

もちろんその印象は、ソフトに出合ったときに自分が何を求めていたかで大きく左右される。ちょっと長くなるが、筆者のケースを紹介させていただこう。

とにかくExif情報が見たい

そもそも筆者は画像のコレクションを楽しむといったことがなく、BMP画像の表示や原稿執筆に必要なスクリーンショット作成はおなじみ「Paint Shop Pro」(いまだに4を使っているが)、画像の管理はそのパッケージに付属していた「Media Center」という組み合わせで十分だった。

その状況が変わったのは今年(1999年)の春にデジカメを新調してから。ニコン の「COOLPIX950」を買って、喜んで撮っているうちに画像がたまってきて、だんだんと欲求が出てきたのである。特に切実だったのが画像に記録されているExif情報を活用したいという点。なにしろ、カメラの液晶に表示できるのは情報のごく一部で、接続キットに含まれているソフトではロクに見ることもできない。これではカメラの機能がいかに多彩でも、活用どころではないということで、Vectorの検索機能を使って(確か“Exif”というキーワードで)見つけたソフト中で、最も目を引いたのが「Able CV」だったというわけだ。

さっそく使ってみるとこれがもう、とっても便利。「情報」タブをクリックすれば撮影日時やファイルサイズはもちろん、測光方式や絞り/シャッタースピード値、ホワイトバランスのモード(光源の設定)なんかが一発でわかる。サムネイル画像をクリックするとビューアに画像が表示され、Exif情報の方も当然それに合わせて切り替わるので、同じ構図で撮影モードの違う写真を比較するときなんかはまさに“一目瞭然”という言葉がピッタリだ。

そんな感じで、カメラの使いこなしを覚えるのに大きな役割を果たしてくれた。

瞬速!のサムネイル作成に感激

以上は、求めていたモノが満足されたという顛末だが、それに対しまったく期待していなかった(選択の優先順位に入っていなかったという意味)にもかかわらず、これまたパーフェクトに満足させてくれたのがサムネイル画像の作成。これがなにしろ速い!

念のため、たったいま1600×1200ピクセルの画像40枚(1枚あたりおよそ400KB弱)を別のフォルダにコピーして、サムネイルの作成開始から終了までストップウォッチで手動計測したところでは10秒81という結果が出た(ちなみに、マシンは古臭いK6/233MHz)。もちろん一度作成したサムネイルは、次からは瞬時に現れる。これなら撮影したあとすぐにパソコンに転送して結果をチェックというときでも、イライラせずにすむというもの。

というわけでこの2点が決め手となって、即シェアウェア登録を行ったという次第だ。

ほかにも機能がいっぱい

もちろんAble CVの機能は、これだけではない。ほかにもフォルダツリーでファイルのコピーや削除ができたり、カタログHTMLの作成や画像補正、一括リネームといった便利な機能があったり、複数のフォルダに分散しているファイルをまとめて扱えるように登録する「アルバム機能」や類似した画像を検索できる機能、スライドショウなどなど、さまざまな機能がある。当然、画像の印刷や検索もできる。画像形式も本体ではBMPやJPEG、WMF(Windowsメタファイル)しか対応していないが、Susie Plug-in を使えば拡張できる。

しかし、実をいうとこの豊富な機能のほとんどを、筆者は使っていない。画像の表示と同時にExif情報が見られてサムネイルの作成が速いという2点だけで、筆者にとってはもう十分な価値があると思っているので、他の部分は純粋に「ありがたいオマケ」という感じで、気にならないのだ。

とまぁこんな具合に、筆者の場合はデジカメで撮影した画像を見るという使い方に偏ってしまっているが、実際にはもっと幅広く、加工から管理までいろいろな用途に応えてくれそうなのがAble CVというソフトなのである。

ところで、バージョンアップのペースが非常に速いというのもこのソフトの特徴のひとつだ。筆者が初めて使ったのが今年(1999年)の3月末で、4月初旬にレジストしたのだが、それから何回バージョンアップ通知のメールが来たかを数えてみたら、計18通あった。「もうバージョンアップ?」というくらい頻繁に来るので、毎回ダウンロードするのも面倒になって、いまではメジャーな機能アップが行われたときにチェックするだけになってしまった(おかげでどの機能がいつ追加されたのかもよく知らなかったりする)が、バグフィックスなどの対応の速さには感心する。

おかげで安心して使えるという信頼感もあるし、作者と登録ユーザとがいい関係を築いているんだろうなと思える。こういう部分こそ、市販ソフトにはないオンラインソフトならではのよさではないかと実感できるソフトである。

【作 者】 H&C.Yoda さん
【対応OS】 Windows 98/95/NT    【種 別】 シェアウェア
【作者のホームページ】 http://member.nifty.ne.jp/h_c_yoda/
【レジ作品番号】 SR006826
【補 足】 試用期間は2週間。試用期間中の機能制限はない
GO! DOWNLOAD
上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。

現在公開ファイルがありません



掲載内容に関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.