その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

特集〜ソフトウェアスポットライト
TOP PAGE > Softライブラリ > 特集 > Windows XP導入のための基礎知識


《Windows XP導入のための基礎知識》
オンラインソフトは動くのか
市販ソフトのように、業務としてソフトを販売している場合、待っていればそのうちXPに対応するだろう、ということはかなりの確率で期待できる。では、フリーソフト、シェアウェアといったオンラインソフトはどうだろう。基本的にオンラインソフトであっても、作者がWindows XPを導入してソフトをテストできる環境になれば、バージョンアップによってWindows XPへの対応は行われるだろう。だが、特に無料で配布が行われているフリーソフトなどでは、利用者が作者に対して対応を強制することはできない。

ただ、たとえオンラインソフトであったとしても、互換性に対する考え方は市販ソフトの場合と同様だ。すなわち、Windows 2000に対応することが明記されているソフトであれば非常に高い確率でWindows XPでも動作する。また、特にWindows 2000について触れられていない場合であっても、多くの場合はWindows XPで動作する可能性が高い。ただし「Windows 2000では動作しない」旨、はっきりと謳われているソフトの場合には、Windows XPでも動作しない可能性は高いと考えてよいだろう。

Windows XPの場合、Windows 95/98/Meの後継でもあるため、ある程度互換性に配慮された機能が搭載されている。これが「エミュレーションモード」と呼ばれるモードで、これを使うと、そのアプリケーションに対してだけはOSが「旧バージョン」であるかのように見せかけてくれる。もちろんOS自体はXPのままなので、こうした「見せかけ」も完璧とはいえないが、それでも試してみる価値はある。エミュレーションモードを使うには、ショートカットからアプリケーションを呼び出すことが必要となる。

まず第一に、XPで実行したいアプリケーションのショートカットを作成しよう。次にそのショートカットを右クリックし、「プロパティ」画面を開く。すると「互換性」というタブがあるので、これを選んで「エミュレーションモードで実行」にチェックする。どのOSとの互換性を使うかについては、リストの中から選択する。選択できるのは、Windows 95/98,Me/NT4.0/2000のいずれかだ。

ただし、あえてこのエミュレーションモードを利用しなくても、そのままWindows XPで動作するソフトの比率はかなり高いことは覚えておこう。

back next
旧バージョンとの互換性を確保するモードも利用できる
旧バージョンとの互換性を確保するモードも利用できる

Win XP導入の基礎知識
二つのエディションが存在
異なるのは機能
アップグレードパス
動作環境
ユーザインタフェース
使い勝手と信頼性を高める機能
ハードウェアに合わせた新機能
ブロードバンド時代に備える機能
HomeとPro、どちらを選ぶ?
これまでのソフトは使えるのか
mark_bl2.gifオンラインソフトは動くのか
現在のWindowsから移行するには
実際に使ってみて



掲載内容に関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.