その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

特集〜ソフトウェアスポットライト
TOP PAGE > Softライブラリ > 特集 > Windows XP導入のための基礎知識


これまでのWindowsと何が違うのか? アップグレードは簡単にできるのか?
Windows XP導入のための基礎知識
2001年11月16日、Windowsの最新バージョン「Windows XP」が発売された。いまさら説明するまでもなく、Windowsはノートパソコンからサーバまで幅広い範囲に対応する汎用のOS(オペレーティングシステム)だ。

これまでWindowsシリーズは、ビジネス向けや上級ユーザ向けに信頼性や機能を高めた「Windows NT」系列と、ゲームやエンターテイメントなど、一般用途向けの「Windows 95/98」系列の二つの系列に分かれていた。それぞれの最新バージョンが2000年2月に発売されたWindows 2000と、2000年9月に発売されたWindows Meだ。つまりWindows CEなどの特殊用途向けのOSを除けば、今回のWindows XPは1年1ヵ月ぶりに登場した新バージョンのWindowsということになる。

毎度のことではあるが、今回発売されたWindows XPにもいくつかの製品種類がある。本稿では、それら製品の種類から、Windows XPの機能面での特徴、これまでのWindowsとの違い、実際に導入する際の注意点まで、幅広く触れていきたい。

(text:天野 司)


Windows XP導入のための基礎知識
index
二つのエディションが存在する
異なるのは機能
アップグレードパスには注意
動作環境
一新されたユーザインタフェース
使い勝手と信頼性を高めるさまざまな機能
パソコンのハードウェアに合わせたさまざまな新機能
ブロードバンド時代に備えるさまざまな機能をサポート
Home EditionとProfessional、どちらを選ぶ?
これまでのソフトは使えるのか
オンラインソフトは動くのか
現在のWindowsから移行するには
実際に使ってみて……




ベクターソフトニュース、徹底解説!! まるっとに関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.