その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

特集〜ソフトウェアスポットライト
TOP PAGE > Softライブラリ > 特集 > Windows XP導入のための基礎知識


《Windows XP導入のための基礎知識》
パソコンのハードウェアに合わせたさまざまな新機能
ソフトウェアの進歩の速度に対して、ハードウェアの進歩はより高速だ。一度発売されると2年間ほどは使われるOSに対し、ハードウェアは毎年どころか、数ヵ月ごとに新しいものが登場する。こうなってくると重要なのが、新しいハードウェアをどれだけ的確にサポートできるか、という点だ。この点においてもWindows XPは、最新OSにふさわしい機能を備えている。

  • スタンバイ・休止状態のサポート
    ACPIをサポートするパソコンとの組み合わせでは、スタンバイや休止状態のサポートがより確実性を増し、さらにスタンバイモードへの移行や通常状態への復帰が、より高速になった。スタンバイとは、パソコンを使用していない間、メモリ以外の多くのデバイスへの電源をOFFにし、電力消費を抑える技術だ。また休止状態とは、さらにメモリ内容もディスクファイルとして退避させ、電源の完全なOFFを可能にする。いずれも復帰時は、通常のブートに比べてより短時間での再起動が可能であり、電力消費にシビアなモバイルコンピュータでの利用効率をより高めることができる。

    こうした機能はこれまでもサポートされていたが、再起動に時間がかかったり、再起動に失敗してしまうことが多かった。Windows XPではこうした部分の信頼性が格段にアップしている。

  • より効率化された省電力機能
    ACPIに代表される新世代の電源管理機能は、OSのサポートがあって初めてその能力を発揮することができる。Windows XPはこれまでのWindowsに比べてよりこまやかな電源管理が可能となった。これにより、システム全体としての平均消費電力は大幅に減少し、ひいては、ノートパソコンのバッテリ寿命などを延ばすことができるようになる。この効果は絶大で、例えばWindows 98で使っていたノートパソコンのOSをWindows XPに入れ替えるだけで、バッテリの寿命が2割以上も長くなる、といったこともあり得る。

  • 大容量のハードディスクをサポート
    Windows 98/Me系で使われるFAT32ファイルシステムに対して、Windows NT/2000で使われるNTFSファイルシステムは、より大容量のディスクを扱えたり、大サイズのファイルを扱えたり、また複数ユーザで使用する際に、ユーザ間のアクセス制御を利用できたりなど、多くのメリットがある。

    Windows XPでは、ファイルシステムとしてFAT/FAT32はもちろんのこと、NTFSの最新バージョンであるNTFS 5.1をサポートする。この結果、サポートできるディスク容量は2TB(2テラバイト)を超え、理論上ではほぼ無限ともいえるディスク容量をサポートできるようになった。また個々のファイルサイズに関しても、ほぼ無限といえるサイズのファイルを扱うことができる。

    このNTFSは、NT/2000の後継であるProfessionalではもちろんのこと、95/98/Meの後継であるHome Editionでももちろん利用することができる。そのため95/98/Meのユーザにとっては、非常に有意義な機能アップとなるだろう。

  • プラグ&プレイ
    Windows 95から使われはじめたプラグ&プレイは、もちろんWindows XPでも利用できる。Windows XPでは、USB 1.x(USB 2.0については今後サポートされる予定)、IEEE 1394といったホットプラグ可能なインタフェースもサポートしており、OSを再起動することなく、さまざまなハードウェアをつけ外しすることが可能だ。


    back next
  • Home/ProfessionalいずれもファイルシステムとしてNTFSをサポートする
    Home/ProfessionalいずれもファイルシステムとしてNTFSをサポートする

    Win XP導入の基礎知識
    二つのエディションが存在
    異なるのは機能
    アップグレードパス
    動作環境
    ユーザインタフェース
    使い勝手と信頼性を高める機能
    mark_bl2.gifハードウェアに合わせた新機能
    ブロードバンド時代に備える機能
    HomeとPro、どちらを選ぶ?
    これまでのソフトは使えるのか
    オンラインソフトは動くのか
    現在のWindowsから移行するには
    実際に使ってみて



    掲載内容に関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.