その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

特集〜ソフトウェアスポットライト
TOP PAGE > Softライブラリ > 特集 > Windows XP導入のための基礎知識


《Windows XP導入のための基礎知識》
ブロードバンド時代に備えるさまざまな機能をサポート
いうまでもなく、最近はまさにブロードバンドが大流行だ。当然のようにWindows XPも、こうしたブロードバンドにフルに対応する機能を多数搭載している。

  • PPPoEのサポート
    Windows XPは、フレッツ・ADSLやBフレッツなどに接続する際に必要となるPPPoEプロトコルを標準でサポートしている。これまでのWindowsの場合、別途PPPoEサポートソフトをインストールする必要があったが、Windows XPでは、こうしたソフトのインストールは不要で、ユーザIDとパスワードを設定するだけで、PPPoEが利用できる。OSの標準機能としてのサポートなので、安定性も抜群だ

  • ファイアウォール機能をサポート
    インターネットに接続する場合に気になるのが、自分のパソコンへの外部からの攻撃だ。Windows XPでは、ネットワーク接続ごとに、こうした「アタック」からパソコンを守るためのソフトである「ファイアウォール」機能を設定することができる。そのため、安心してインターネットの常時接続を楽しむことができる。

  • インターネット接続共有
    複数のパソコンからインターネットに接続する場合、これまではNATなどをサポートしたルータと呼ばれる機器が必要であった。Windows XPでは、インターネットの接続共有機能をサポートすることで、1台のパソコンがインターネットに接続するだけで、ネットワークに接続された他のパソコンからそのインターネット接続を利用できる機能が搭載された。これを使えば、ルータなどの機器を別に購入することなく、複数のパソコンからインターネット接続を楽しめるようになる。

  • ワイヤレスネットワークのサポート
    ブロードバンド接続とはやや異なるが、Windows XPでは、ノートパソコンなどで普及しはじめた、ワイヤレスネットワーク接続を標準でサポートしている。これまでのOSの場合、ネットワークカード専用の「クライアントツール」を別途インストールする必要があったが、Windows XPの場合、ネットワークカードのドライバさえあれば、あとは接続先や電波状態などをWindows XPが自動的に管理してくれるようになる。

  • スタートメニューからワンタッチでネットワーク接続
    ワイヤレスネットワークやダイヤルアップネットワーク、あるいはPPPoEなど、ネットワークを使用する際に「接続」が必要な場合には、スタートメニューに新たに用意された「接続」メニューから、どのネットワークに接続するのかをワンタッチで選択できるようになった。これまでのようにダイヤルアップのアイコンをデスクトップに用意しなくても、誰でも簡単にネットワーク接続を呼び出せるようになる。


    back next
  • PPPoEをサポートすることで「ブロードバンド接続」を標準で利用できる
    PPPoEをサポートすることで「ブロードバンド接続」を標準で利用できる

    新機能としてインターネット接続の「ファイアウォール機能」が加わった
    新機能としてインターネット接続の「ファイアウォール機能」が加わった

    「ファイアウォール機能」は、単なるおまけにとどまらない高度な機能を備える
    「ファイアウォール機能」は、単なるおまけにとどまらない高度な機能を備える

    ワイヤレスLANも標準サポート。各製品ごとの「クライアントマネージャ」を必要としない
    ワイヤレスLANも標準サポート。各製品ごとの「クライアントマネージャ」を必要としない

    Win XP導入の基礎知識
    二つのエディションが存在
    異なるのは機能
    アップグレードパス
    動作環境
    ユーザインタフェース
    使い勝手と信頼性を高める機能
    ハードウェアに合わせた新機能
    mark_bl2.gifブロードバンド時代に備える機能
    HomeとPro、どちらを選ぶ?
    これまでのソフトは使えるのか
    オンラインソフトは動くのか
    現在のWindowsから移行するには
    実際に使ってみて



    掲載内容に関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.