その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

特集〜ソフトウェアスポットライト
TOP PAGE > Softライブラリ > 特集 > Windows XP導入のための基礎知識


《Windows XP導入のための基礎知識》
使い勝手と信頼性を高めるさまざまな機能
Windows XPの「XP」は、エクスペリエンス(experience)、日本語にすると「体験」を意味している。これはパソコンを使うユーザ一人ひとりにとって「これまでにない最高の体験を得られる」ようにという意味でつけられた名前だ。では、ここでいう「最高の体験」とは何か。これをひと言で表すのは難しいが、「ユーザのやりたいこと、考えることが自然に実現できる環境を指している」と言えばよいだろうか。

Windows系のOSは、登場から長い月日が経ったことで、機能的にはもはやそれほど不満のないレベルにまで発達してきている。またパソコンの能力も、ユーザの要望を実現させるに足るだけの強力さを備えるようになった。だが、機能が増えた結果、利用したい機能がすぐに呼び出せなかったり、呼び出し方がわからなかったりして、結果としてその機能が利用できない、ということが多くなってきた。

呼び出せない機能は、ないのと同じ。実は、Windows XPでの新機能は、すでにWindows MEやWindows 2000でも何らかの形で利用できるようになっているものが少なくない。ただ、それらをより使いやすい形で体系的に実装しているのがWindows XPなのだ。以下にそれらの機能のうちの一部を紹介しよう。

  • 高い信頼性を持つカーネル
    Windows 95/98系のカーネルに対して、Windows NT/2000系列の流れを汲むWindows XPのカーネルは、段違いに高い信頼性を発揮する。特にタスク間のメモリ保護機能や大容量のメモリを管理する機能は、Windows 95/98系から乗り換えるユーザにとっては、大きな魅力となるだろう。

  • システムファイルの保護
    アプリケーションをインストールするたびに、システムの動作に必要な共有ライブラリ(DLL)が置き換えられてしまい、既存のアプリケーションが動作しなくなってしまう──いわゆるDLLのバージョン問題は、これまでのWindowsシステムでは悩みの種だった。こうした問題はWindows MeやWindows 2000では、すでにある程度の対策が施されており、重要なDLLの置き換えに対してチェック機能が働くようになっていたが、こうした機能はもちろんWindows XPでも利用でき、しかもより信頼性が高められた。Windows XPでは、こうした機能は個々のハードウェアを駆動するドライバレベルにまで拡張され、例えば新しいハードウェア用のドライバをインストールしたことが原因でシステムが起動できなくなってしまったような場合、自動的に古いドライバに戻す「デバイスドライバのロールバック」機能が利用できるようになっている。また、システムの根幹に関わるような重要な設定については、システム復元機能によって、簡単にシステム変更前の状態に戻すことができる。

  • 起動の高速化
    これまでのWindowsシリーズに共通した欠点として、パソコンの電源を入れてから利用できるようになるまでの「起動時間」が遅い、ということがあった。特に、多くの機能をサポートするWindows 2000では、その起動時間はバカにならないものであった。Windows XPでは、Windows 2000よりもさらに多くの機能をサポートしながら、Windows 98を上回るほど高速にシステムを起動することができる。特に、最新のパソコンでサポートされる「クイック起動」BIOSとの組み合わせにおいて、起動時間の短縮は劇的だ。これまでは順番に初期化されてきた数々のハードウェアが、並行して初期化されるようになり、システムが利用できるようになるまでイライラしながら待つことがなくなった。


    back next
  • ブートや再起動がきわめて高速になるなど、ノートPCでは便利な改善点も多い
    ブートや再起動がきわめて高速になるなど、ノートPCでは便利な改善点も多い

    Win XP導入の基礎知識
    二つのエディションが存在
    異なるのは機能
    アップグレードパス
    動作環境
    ユーザインタフェース
    mark_bl2.gif使い勝手と信頼性を高める機能
    ハードウェアに合わせた新機能
    ブロードバンド時代に備える機能
    HomeとPro、どちらを選ぶ?
    これまでのソフトは使えるのか
    オンラインソフトは動くのか
    現在のWindowsから移行するには
    実際に使ってみて



    掲載内容に関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.