その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

特集〜ソフトウェアスポットライト
TOP PAGE > Softライブラリ > 特集 > Windows XP導入のための基礎知識


《Windows XP導入のための基礎知識》
アップグレードパスには注意
Windows XPの製品パッケージには、これまでのWindowsの場合と同様、新規インストールが可能な「フルパッケージ版」と、すでに持っているWindowsをXPにアップグレードする「アップグレード版」とがある。どのOSからアップグレードするかによって販売価格が異なるので、自分の環境に合った最適な製品パッケージを選ぶようにしたい。

このときに注意したいのが、アップグレードできる環境とできない環境がある点だ。これを表にまとめたものがマイクロソフトのサイトで公開されている以前のバージョンの Windows からのアップグレードだ。

この表を見ればわかることではあるが、要点をかいつまんで説明すると、

  1. Windows 98(SE含む)/MeからはHome EditionとProfessionalどちらにもアップグレード可能
  2. Windows NT 4.0/2000からはHome Editionは不可、Professionalへはアップグレード可能
  3. これ以外のWindowsでは、基本的にはアップグレード不可能
ということがいえる。

特に注意したいのが、XP Home EditionからXP Professionalへはアップグレードできない点だ。これは2002年はじめには期間限定でアップグレードできるようになる予定だが、現在のところはできない。これまではWindows 95/98からWindows 2000へのアップグレードといったパスも存在したのだが、現時点では「安価なHome Editionを購入して試してみて、必要に応じてProfessionalへアップグレードする」といったことはできないので、注意したい。

back next
Win XP導入の基礎知識
二つのエディションが存在
異なるのは機能
mark_bl2.gifアップグレードパス
動作環境
ユーザインタフェース
使い勝手と信頼性を高める機能
ハードウェアに合わせた新機能
ブロードバンド時代に備える機能
HomeとPro、どちらを選ぶ?
これまでのソフトは使えるのか
オンラインソフトは動くのか
現在のWindowsから移行するには
実際に使ってみて



掲載内容に関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.