その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

特集〜ソフトウェアスポットライト
TOP PAGE > Softライブラリ > 特集 > Windows XP導入のための基礎知識


《Windows XP導入のための基礎知識》
Home EditionとProfessional、どちらを選ぶ?
Windows XPを購入する場合、誰しも悩むのがHome EditionとProfessional、どちらを選べばよいかという点だろう。これまではWindows 95/98/MeとNT/2000とで、機能や性能上での大きな差があったため、どちらを選ぶかは比較的簡単に決定することができた。

だが、Home EditionとProfessionalのように、OSの基本機能や操作性、信頼性までが共通となると、どちらを選んでいいのかが非常にわかりづらくなる。特に、ProfessonalはHome Editionの機能をすべて内包しているといわれると、つい「Professonal Editionを買っておけば安全」と思えてしまうだろう。

実は、Home EditonとProfessionalとの差は、マイクロソフト自身がホームページ上で機能比較をしている(Windows XP の機能比較)。詳細についてはこちらを見ていただきたいのだが、この表を見ただけでは、なかなか判断がつかない場合もあるだろう。

そこで、筆者なりの結論を言おう。「家庭内で通常の目的に使用する」限りにおいては、あえてProfessinalを購入する必要はまったくない。Home Editionで十分である。Professionalは、会社内など、多くの人が同一のネットワークに接続されたパソコンを使用して作業する場合でもなければ必要ないと断言できる。つまり、家庭内であれば、Professionalほどの機能はオーバースペックということだ。

ただし何事にも例外はある。そこで、家庭内においてProfessionalを購入する例外的な状況にはどのようなものがあるかを、下に列挙しよう。

  1. 《マルチ(デュアル)プロセッサのパソコンを使用している》
    Home Editionでは、シングルプロセッサのみのサポートであるため(ただし、デュアルプロセッサのパソコン上で動作しない、というわけではない)。
  2. 《複数のパソコンを使用し、一方から他方のパソコンを操作したい》
    Windows XPの新機能である「リモートデスクトップ機能(ネットワーク経由で他のパソコンの画面を操作する機能)」は、Home Editionには備わっていない。
  3. 《デスクトップパソコンとモバイルパソコンを併用し、両者の間で同じファイルを扱う》
    「オフラインフォルダ」と呼ばれる、便利なネットワークファイル管理機能がWindows XPには備わるが、これが利用できるのはProfessionalのみであるため。
  4. 《1台のパソコンを家族で共用しており、家族間でもプライバシーを守りたい》
    ファイルの暗号化や複数ユーザによるファイルのアクセス管理機能を利用できるのがProfessionalのみであるため。
  5. 《Windows NT/2000 Serverと併用して、NTドメインやActive Directoryによるリソース管理を行っている》
    ドメインへ参加できるのはProfessionalのみで、Home Editionではワークグループレベルの管理しかできないため
以上のようなケースに当てはまる人は、家庭内での使用であってもProfessionalを購入すべきだ。


back next
Win XP導入の基礎知識
二つのエディションが存在
異なるのは機能
アップグレードパス
動作環境
ユーザインタフェース
使い勝手と信頼性を高める機能
ハードウェアに合わせた新機能
ブロードバンド時代に備える機能
mark_bl2.gifHomeとPro、どちらを選ぶ?
これまでのソフトは使えるのか
オンラインソフトは動くのか
現在のWindowsから移行するには
実際に使ってみて



掲載内容に関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.