組版マクロ for Word

Wordで本のページを作成する際に、組版設定をまとめてかつ正確に行えるマクロ


ソフト詳細説明

個人が同人誌・ミニコミ誌・会報といった印刷物の誌面を作る場合、Adobe InDesign のようなDTPソフトよりも、Microsoft Word などのワープロソフトの方が広く使われています。この「組版マクロ for Word」は、Word でそういった誌面の本文の組版を簡単かつ正確に行えるようにするものです。InDesign の「レイアウトグリッド」に近い操作手順で、Word でも行間・文字間と余白を正確に設定することができるようになります。

使い方は簡単です。マクロを実行して、まずページサイズ・組み方向・用紙方向を設定します。次に本文の文字サイズ・行間・文字間・行数・文字数・段組みなどを設定すると、その本文がきっちり収まるよう、上下内外の余白が計算されます。書式を変えると、それに合わせて余白も再計算されますので、各設定を調整して体裁を決めて下さい。

このマクロを使えば、正確なベタ組み(文字送り量=文字サイズとなる組み方)が簡単に設定でき、文字間が広がって間延びした組み方になることを防げます。若干詰めて組むことも可能です。また、ページの裏表で文章の位置がズレるといった問題も、起きなくなります。元々、Wordのページ設定・書式設定はあちこちに分散しており、ある設定を変えると別の設定が勝手に変わるといったケースもありますが、このマクロではそれらを2ダイアログでまとめて設定できます。

このマクロは、特に小説・評論・情報といったジャンルの文章系同人誌の製作を念頭に置いて、設計しています。(このマクロ自体、作者が頒布している同人誌に掲載した Word の設定手順を自動化したものです。) 誌面作成のお役に立てれば幸いです。

動作環境

組版マクロ for Wordの対応動作環境
ソフト名:組版マクロ for Word
動作OS:Windows 10/8/7/Vista/XP
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: 福井県人 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

マクロ  組版  Word 


「MS-Word用」カテゴリーの人気ランキング

  1. 蛍光マーキングとコメントを挿入する「蛍光と対策」 翻訳者・ライターの方に向けたWord用アドイン NGワードのチェックも簡単 ノウハウの共有・蓄積も可能(ユーザー評価:0)
  2. 自動ルビ振り for Word 簡単な操作で、すべての漢字に自動でふりがなを振る(ユーザー評価:0)
  3. 青空文庫テキスト傍点ルビ変換マクロ 青空文庫テキスト形式の傍点とルビを変換するマクロ(ユーザー評価:4.5)
  4. 組版マクロ for Word Wordで本のページを作成する際に、組版設定をまとめてかつ正確に行えるマクロ(ユーザー評価:0)
  5. MS-Word ファイル一括置換VBA Wordファイルを一括置換するVBA(ユーザー評価:0)

「ワープロ用」カテゴリのソフトレビュー

  • AbiWord 2.8.6 - 日常的な文書作成に手軽に使える、Microsoft Word 2003風のシンプルなワープロソフト
  • にゃんずプロセッサ 1.24 - わかりやすい、構造的な文書を誰にでも作成できる。リッチテキストベースのシンプルなアウトラインプロセッサ
  • NanaTerry 1.0.5y2 - 自動保存機能なども備えた、リッチテキスト対応の階層型メモ帳ソフト
  • ClipData Book 1.3 - クリップボード履歴との融合で作業効率を高めたアウトラインプロセッサ
  • Foliaro 1.0.5 - Webページの内容やブックマークまで階層管理できる“アウトラインプロセッサ+ブラウザ”

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック