ライブストリーマー

ネットワーク経由で、ライブ映像とライブ音声を同時にリアルタイム送受信できるシステム


ソフト詳細説明

インタ−ネットを経由して、ライブ映像とライブ音声を最大10人まで送信できる送受信システムです。
誰が接続しているかを表示されるグローバルIPで知ることができます。
自宅の映像&音声を遠く離れた場所からでも確認できるので、監視カメラとしても使えます。
送信映像は320*240ドット24bitフルカラ−の映像のみに対応しています。
directXには対応していませんので、directXが無いと動かないライブカメラは使えません。
また、ビデオデ−タを大量に送受信するので、最低でも上8M下20M程度の通信環境が必要です。
高速環境があれば、ほぼリアルタイムy送受信できます。(秒あたり10枚程度)
visualBasic6での最高速にチャレンジしています。

なお、受信側では、映像の大きさを2段階で表示できます。
(拡大表示すれば画質は劣化します。)
クライアントが強制終了等でソケットクロ−ズせずにダウンしたような場合に、サ−バ−は自動的にクロ−ズします。
留守宅の監視が映像と音声でできます。

設定も操作も非常に簡単で直感的にできます。
Windows XPでお使いください。
インスト−ル無しですので、不要になったらディレクトリごと削除してください。

動作環境

ライブストリーマーの対応動作環境
ソフト名:ライブストリーマー
動作OS:Windows XP
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 波平 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

音声  リアルタイム  映像  送受信  ライブ 


「通信」カテゴリーの人気ランキング

  1. Orb 自宅PCをパーソナル放送局に(ユーザー評価:0)
  2. シリアル通信チェッカー シリアルポート (RS-232C) に接続された機器と通信するためのソフトウェア(ユーザー評価:0)
  3. 要約筆記記録ツール IPCapture 要約筆記の通信を記録・再現したり、入力結果を数値解析する(ユーザー評価:0)
  4. WinGate Windows用 プロキシサーバー ソフトウェア(ユーザー評価:0)
  5. CPLT COMポートから受信したCSVデータをファイルに保存しつつ、リアルタイムにグラフに表示(ユーザー評価:0)

「通信」カテゴリのソフトレビュー

  • Orb 2.00.0930 - 簡単な操作で自宅マシンの“パーソナル放送局”化を実現できるネットワーク配信ソフト

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック