GoHere Command Prompter

Win Explorerで選択したファイル/フォルダをカレントディレクトリとしてコマンド・プロンプトを立ち上げる


ソフト詳細説明

Windows Explorerでファイルあるいはフォルダを選択して、マウスの右ボタンをクリックしてExplorerのコンテクス メニューをポップアップします、"ここでコマンド プロンプトを開く"メニューを選択すれば、コマンド プロンプトが立ち上がり、選択したフォルダがカレントディレクトリになっています。
ファイルとフォルダの入力補完機能も用意しています。CTRL+D、CTRL+Fを押すことでカレントディレクトリにあるフォルダ、ファイル名の入力も自動にしてくれます。
ユーザが予めでいくつのDOSバッチファイルを登録できます、コマンド プロンプトが開くの際にバッチファイルを実行することもできます。
バッチファイルが呼び出された時に、三つのパラメータが設定されています。
一番目(%1)は選択したファイル或いはフォルダのドライブ名です。
二番目(%2)は選択したファイル或いはフォルダのフォルダ名です。
三番目(%3)は選択したファイル名です、(ファイルが選択された場合のみ)。
バッチファイルのディレクトリには一つサンプル ファイルがあります、参考してください。
バッチファイルの保存ディレクトリは"GoHere"のインストール ディレクトリの下の?Batch?と言うディレクトリです。
http://www.risefly.com/gohere.htm

動作環境

GoHere Command Prompterの対応動作環境
ソフト名:GoHere Command Prompter
動作OS:Windows XP/Me/2000/NT/98
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: ZJP 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!


「shellプログラム」カテゴリーの人気ランキング

  1. ShoSendTo エクスプローラの右クリックで出て来る「送る」メニューの拡張ツール(ユーザー評価:0)
  2. Unixリモートシェル実行 リモートシェル実行とその自動化を行う(ユーザー評価:0)
  3. PdfPrint.VBS コマンドラインでPDFファイルを印刷するVBScript(ユーザー評価:0)
  4. Progress.VBS 処理中メッセージを出し、更新し、消すVBScript(ユーザー評価:0)
  5. Nihongo Yet Another DOS Shell tcsh-likeな編集機能を持つVFAT対応日本語コマンドラインシェル(ユーザー評価:0)

「shellプログラム」カテゴリのソフトレビュー

  • ShoSendTo 1.16 - 「送る」メニューにショートカットを簡単に登録できるようにしてくれる拡張ソフト
  • ワードバンド 1.20 - タスクバーに常駐する“多目的入力フロントエンド”ソフト

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック