Media Player Classic

DVDの再生にも対応した、シンプルで軽快、多機能な“定番”マルチメディアプレイヤー


ソフト詳細説明

各種動画や音楽、CD、DVDなどの再生に適した、軽快で使いやすい多機能マルチメディアプレイヤー。Windows Media Player 6.4を模した外観はシンプルですが、一度使うと手放せなくなる快適さと便利さを備えています。

特徴のひとつは、起動の速さと動作の軽快さ。待たされることなく瞬時に起動し、よほど重い動画でない限り、旧式の非力なマシンでもスムーズに再生してくれます。ほかのソフトを使っていて動画の再生がカクカクして困っている人は、このソフトを試してみるとよいでしょう。

内部フィルタ(スプリッタとデコーダ)が充実し、標準で多数の音声・動画フォーマットに対応していることも特徴。DVD、MPEG、FLASH、AVI、WMV、VCD、SVCD、オーディオCD、MP3、AC3、WAV、WMA、MIDIなど、一般的な形式のファイルはほとんど再生可能です。Real PlayerとQuickTime PlayerもしくはReal AlternativeとQuickTime Alternativeがインストールされている環境では、QuickTimeとRealMediaフォーマットのファイルを再生することも可能。さらに外部コーデックにも対応し、主要コーデックパックなどを併用することで、さまざまな形式のファイルを再生できるようになります(DRMなどで保護された動画は再生できません)。

標準でDVDプレイヤーとして使用できるのも便利。DVDメニューのマウスによる操作やチャプターの選択・移動、音声・字幕の選択など一般的なDVDプレイヤーに搭載されている機能はひと通り備えています。ハードディスク内のVIDEO_TSフォルダを指定して再生することも可能です。

再生したい音声や動画をプレイリストに登録し、連続再生することも可能。再生速度の減少や増加、コマ送りなども行えます。操作はマウスで操作ボタンをクリックするほか、ショートカットキーも利用できます。再生と一時停止をスペースキーで手軽に切り換えられます。

そのほか、再生中の動画の気に入ったシーンを静止画として保存する機能、動画全体から指定した数だけシーンを切り出してサムネイルによる一覧画像を作成する機能、映像と音声のズレを補正する機能など、便利な機能を満載。絶対にお勧めの“定番”ソフトです。

動作環境

Media Player Classicの対応動作環境
ソフト名:Media Player Classic
動作OS:Windows 10/XP/2000/NT/98/95
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: Gabest 

ユーザーの評価(1人):2.5
コメント:1
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

DVD  マルチメディアプレイヤー 


「プレイヤ」カテゴリーの人気ランキング

  1. KbMedia Player Windows9x/NT4/2000 対応最終版 100種類以上の音楽・動画形式に対応した、エクスプローラ風で使いやすいマルチメディアプレイヤー(ユーザー評価:4)
  2. PD-Character「悠」 MP3 MID RCP WAV MOD対応MMプレイヤー メールチェック・NTP自動時計調整・メモリークリーナー付き(ユーザー評価:3.5)
  3. LIGHTPLAY3 独特のシンプルな操作性が特徴のプレーヤー サブ用途に最適(ユーザー評価:0)
  4. Media Loader 2002 画像、音楽、動画、テキスト、アーカイブなど、何でも扱える統合型アプリケーション(ユーザー評価:0)
  5. DAPlayer Windows用ビデオ/オーディオプレーヤー 音楽や動画をスムーズに再生できる(ユーザー評価:4.5)

「マルチメディア関係」カテゴリのソフトレビュー

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック