Impression Gallery

多機能マルチメディアファイル管理、ビューア、サムネイル、スライドショー、加工変換ソフト


ソフト詳細説明

1.Impression Galleryとは

Impression Galleryは画像ファイルをメインにしたマルチメディアビューア&ファイルコントローラです。
雑誌付録のCD-ROMからAVIや画像ファイル等を一発で全て抜き出すなんて使い方もできます。

2.特徴

(1)多様なファイルフォーマットに対応
現時点でサポートしているファイル形式は以下の通りです。

《画像ファイル》
●JPEG形式、GIF形式、TIFF形式
●ビットマップ形式(BMP,RLE)、メタファイル(WMF)、アイコン(ICO)
●フォトCD(PCD)、FlashPix(FPX)形式
●Macintosh PICT形式(PCT)
●フォトショップ3.0形式(PSD)
●PCX形式(PCX,DCX)、PostScriptラスタ形式(EPS)
●Portable Network Graphics形式(PNG)
●TARGA形式(TGA)、SUNラスタ形式(RAS)、WordPerfect形式(WPG)
●その他多数
《テキストファイル》
●通常のテキストファイル(TXT,INI,BAT,LOG等)
●リッチテキストファイル(RTF)
《MIDIファイル》
●MID,RMI
《オーディオファイル》
●WAV、WMA
●MP3
●au,aiff
《動画ファイル》
●AVI形式(AVI)
●MPEG形式
●QuickTime形式
●WMV形式
《HTMLファイル》《カーソルファイル》
●カーソル形式(CUR,ANI)

(2)ファイルの内容を確認しながらファイル操作が可能
エクスプローラ風画面や、サムネイル表示でファイル内容を表示・再生しながらファイル操作ができます。

(3)スライドショー機能

(4)何でもかんでもサムネイル表示
画像ファイルにとどまらず、テキストファイルや果てはHTMLまでサムネイル表示できます(^^;)
また、画像ファイルはカタログ化することで次回以降高速に表示することが可能です。

(5)ワンタッチで画像ファイルを壁紙やIEのツールバー背景に指定可能

(6)画像の加工も可能
画像ファイルを一括して、JPEG等の形式に変換したり、サイズ変更・回転等の加工をする機能があります。

(7)画像ファイルを指定した縮尺率でワンタッチで印刷

動作環境

Impression Galleryの対応動作環境
ソフト名:Impression Gallery
動作OS:Windows XP/Me/2000/98
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: Otaka 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!


「プレイヤ」カテゴリーの人気ランキング

  1. KbMedia Player Windows9x/NT4/2000 対応最終版 100種類以上の音楽・動画形式に対応した、エクスプローラ風で使いやすいマルチメディアプレイヤー(ユーザー評価:4)
  2. PD-Character「悠」 MP3 MID RCP WAV MOD対応MMプレイヤー メールチェック・NTP自動時計調整・メモリークリーナー付き(ユーザー評価:3.5)
  3. LIGHTPLAY3 独特のシンプルな操作性が特徴のプレーヤー サブ用途に最適(ユーザー評価:0)
  4. Media Loader 2002 画像、音楽、動画、テキスト、アーカイブなど、何でも扱える統合型アプリケーション(ユーザー評価:0)
  5. DAPlayer Windows用ビデオ/オーディオプレーヤー 音楽や動画をスムーズに再生できる(ユーザー評価:4.5)

「マルチメディア関係」カテゴリのソフトレビュー

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック