Pyxis 16bit版

Windows上でキーボードを中心としたファイル管理を行う 16bit版


ソフト詳細説明

Pyxis は、Windows上でキーボードを中心としたファイル管理を行うためのソフトウェアです。基本操作は、K.Ishidaさんの名作、FILMTN に準拠し、さらに拡張してあります。また、*.LZH ファイル管理機能も内蔵し、圧縮ファイルをディレクトリーの様に見なすことによって、通常のファイル操作と同じ感覚で、圧縮されたファイルに対しても操作が行えます。

主な特徴は以下の通りです。

◆基本的なファイル管理(コピー/移動など)がキーボードから快適に行える。
◆ディレクトリーごとコピーや圧縮が出来る。
◆圧縮ファイルを1つのディレクトリーの様に扱える。
◆複数同時起動する事によって、コピー先などでお互いを参照させることが可能。
◆簡易ランチャー機能を搭載し、Pyxisからアプリケーションが起動可能。
◆拡張子対応プログラムが、独自に複数登録可能。(ex.エディター&ビュワー)
◆ファイルの分割/結合が可能
◆ドラッグ&ドロップ相当の機能をキーボード操作で実現("O"(オー)キー)
◆ユーザー指定によって、特定の拡張子をソート(分類)可能
◆Windows上なのに軽快!
◆色設定が自由に可能で、黒背景が可能。(デフォルトカラー)
◆各種設定は、マウスなどの選択方式で超簡単。
◆マウス操作にも対応

プログラムを中心とした人やノートユーザーなど、キーボード派に特にお勧めです。是非おためし下さい。

【 Ver.3.4g 】
・Ver.3.4fでツールバーに不具合があったのを修正

動作環境

Pyxis 16bit版の対応動作環境
ソフト名:Pyxis 16bit版
動作OS:Windows 3.1
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 〜Tom〜 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

キーボード  bit 


「各種ファイラ」カテゴリーの人気ランキング

  1. WinFileShuttle for Win3.1 多機能ファイルマネージャ 複写元・複写先が1画面で簡単ファイル操作(ユーザー評価:0)
  2. Pyxis 16bit版 Windows上でキーボードを中心としたファイル管理を行う 16bit版(ユーザー評価:0)
  3. FileTable for Win3.1 軽量・コンパクトファイラ(2画面モード、キー割り当て付き)(ユーザー評価:0)
  4. RDIR 小型軽量・ファイル毎にメモがつけられるファイルマネージャ(ユーザー評価:0)
  5. CAN ごみ箱付きファイルマネージャ(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック