RDIR

小型軽量・ファイル毎にメモがつけられるファイルマネージャ


ソフト詳細説明

rdirとは

rdirは,MS-WINDOWS ver3.1以上で動作する,ファイル・マネージャの一種です。
 ディレクトリ毎に対応するウィンドウを持ち,ファイル一覧を表示し,マウス操作でディレクトリ間のファイル移動・複写を行ったり,ファイルを削除したりします。
rdirの特徴は以下の通りです。


(1)軽い。動作がスピーディ。
(2)場所を取らない。表示のウィンドウサイズが小さくて済む。
(3)その代り,表示画面が素気ない。
(4)ファイル毎に,メモとして付加情報を設定することができる。
(5)LHA形式書庫ファイルを操作可能
(6)ごみ箱付き。

私がrdirを自作した動機は,上の(4)を実現したかったからです。
表計算ソフトでもワードプロセッサでも,出来上がったドキュメントファイルの内容を表すのに,MS-DOSのファイル名の8文字+3文字という制限はあまりにも厳しかった。
そこでファイルとは別に,そのファイルの内容を示すメモ書きを管理し,ファイルを複写/移動したら,そのメモ書きも自動的に付いていくような,そんなファイルマネージャが欲しかった,という事です。

【新規機能】

   LHA形式のアーカイブファイルを取扱えるようにしました。
   LHA形式書庫ファイル(拡張子.LZH)を,あたかもサブディレクトリの
  ように扱えます。

(1)LHA形式書庫のファイル一覧をrdirの1画面として表示できる。
(2)通常のrdirへファイルをドラッグする事により解凍できる。
(3)通常のrdirからファイルをドラッグする事により圧縮できる。
(4)右クリックやダブルクリックにより,書庫内ファイルの閲覧/実行が
   できる。

などです。

動作環境

RDIRの対応動作環境
ソフト名:RDIR
動作OS:Windows 3.1
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: ふゆき 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

小型  マネージャ  メモ 


「各種ファイラ」カテゴリーの人気ランキング

  1. WMAN ファイルマネージャーとプログラムマネージャーの機能を合体(ユーザー評価:0)
  2. WinFileShuttle for Win3.1 多機能ファイルマネージャ 複写元・複写先が1画面で簡単ファイル操作(ユーザー評価:0)
  3. Pyxis 16bit版 Windows上でキーボードを中心としたファイル管理を行う 16bit版(ユーザー評価:0)
  4. FileTable for Win3.1 軽量・コンパクトファイラ(2画面モード、キー割り当て付き)(ユーザー評価:0)
  5. RDIR 小型軽量・ファイル毎にメモがつけられるファイルマネージャ(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック