TMINFJUG

今現在が設定した条件に適合するか結果をERRORLEVELで返す


ソフト詳細説明

(1)現在の時間
(2)日付
(3)曜日
(4)前回実行してから指定時間経過したか? (以前から1日以上経過したか?)
の条件を組み合わせ、現在が条件に適合するかを判定し、結果をerrorlevelで返す機能を持っています。

組み合わせ方としては、グループ単位で、
(1)論理積(AND,かつ)
(2)論理和(OR,または)
を自由に組み合わせることが可能です。

具体的な使い方としては、パソコンブート時(起動時)に、
(1)朝6時〜7時の間ならば、自動的に通信ソフトを起動する
(2)バックアップを取ってから10日たったら、次のバックアップアナウンスを表示する
(3)1日1回だけウィルスチェッカーを実行する

ある程度の期間を持って確実に実行したいが、AUTOEXEC.BAT に記述するとパソコンをブートする度に、ウィルスチェッカーが働いてしまいます。そこで本ソフトを使うと、1日1回だけとか1週間に1回だけといった間隔で、ウィルスチェッカーを起動させることが出来ます。

(4)パソコン通信で出来た生ログを、3日たったら自動で削除する

等の用途が考えられます。

ただし本ソフトを使うには、DOSの「if」「goto」「errorlevel」を理解し、BATファイルを編集できる必要があります。

※ BATファイルの中で、errorlevelで状態を返す代表的なソフトとして、清水 洋平(Paci)氏が作成されたフリーソフト「BU」があります。

本ソフトも、同様な考え方をしたソフトで、指定した条件に
・適合していると errorlevel = 1
・不適合だと errorlevel = 0
を返すので、後はユーザによって処理を分岐させて下さい。

動作環境

TMINFJUGの対応動作環境
ソフト名:TMINFJUG
動作OS:MS-DOS
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 鈴江 一広 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

現在  条件  適合  ERRORLEVEL 


「バッチ用」カテゴリーの人気ランキング

  1. BinExtraction.exe バイナリーファイルから部分抽出する(ユーザー評価:0)
  2. BATCH FILE Compiler .BATファイルを .COMファイルに(ユーザー評価:3.5)
  3. 閏年チェック 複数の西暦年の閏年をチェック表示(ユーザー評価:0)
  4. 昨日の日付 昨日の日付を検出表示ファイル表示する(ユーザー評価:0)
  5. BJ 構造化された bj 文法のファイルを、MS-DOS のバッチファイルに変換(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック