SETERL

エラーレベルに日時・時刻・ドライブ番号・乱数などいろいろ設定できる


ソフト詳細説明

 このコマンド(SETERL)は、ERRORLEVEL に日時を設定したり、時刻を指定時間で区切った値を設定したり、ドライブ番号を設定したり、MS-DOS のバージョンを設定したり、数値を設定したり、乱数を設定したり出来ます。
 バッチプログラムで、時刻の設定などを用いれば、時間帯によって起動アプリケーションを替えたり、曜日によって起動アプリケーションを増やしたり、などと言う事が出来るでしょう。
 その他の機能も活用すればいろいろと楽しいバッチプログラムが出来るでしょう。

動作環境

SETERLの対応動作環境
ソフト名:SETERL
動作OS:MS-DOS
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: アッセライ 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

番号  時刻  ドライブ  乱数  エラーレベル 


「バッチ用」カテゴリーの人気ランキング

  1. BAT to COM file バッチファイルがCOMファイルとして実行可能に(ユーザー評価:0)
  2. BATCH FILE Compiler .BATファイルを .COMファイルに(ユーザー評価:3.5)
  3. BATUTY バッチファイルで使えば便利なユーティリティ(ユーザー評価:4)
  4. アウトライン ファイルの任意行を環境変数にセット(ユーザー評価:0)
  5. 力持ESCエラーレベル ESC をキー入力するとエラーレベルに出力(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック