emssound

EMSメモリ上へのサウンドROMローダ


ソフト詳細説明

PC-9801(ノーマル モード)では、EMSメモリ・ボードとハードディスク・インターフェース(以下HD I/F)とサウンド・ボードを同時に実装すると、HD I/Fとサウンド・ボード上のROM(以下サウンドROM)の位置の関係から、EMSメモリに連続した64Kバイトのページフレームを作ることができません。
ところが、EMS対応アプリケーションの多くは連続した64Kバイトの領域を要求するので、EMSを利用する上で連続64Kバイトのページフレームは必須条件といえます。
EMSSOUND.SYSは、サウンドROMの領域と重なっているEMSメモリを利用して、サウンドROMに「見せかける」ためのプログラムです。EMSSOUND.SYSを使えば、普段は連続64KBのEMSページフレームを確保し、必要なときにはそこをサウンドROMに化けさせて使用できるようになります。。

動作環境

emssoundの対応動作環境
ソフト名:emssound
動作OS:MS-DOS
機種:PC-98
種類:フリーソフト(寄付歓迎)
作者: 小高 輝真 

お支払い

このソフトは無料でお使いいただけますが、寄付を募っております。
※消費税の増税に伴い、ソフト詳細説明や動作環境等に表示されている価格と、実際の価格が異なる場合がございます。ご購入前に必ずご確認ください。

※送金前に「シェアウェアの送金について」をお読み下さい。

その他のお支払い


※詳細はソフトをダウンロード後、ご確認ください。

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

サウンド  ローダ  ROM  EMS  メモリ 


「FM音源用」カテゴリーの人気ランキング

  1. サウンド ドライバ SAY (Sound Driver SAY) 常駐ドライバ型ゲーム向け音楽演奏システム FALCOMやFMPのデータが演奏可能 PCM利用可能(ユーザー評価:0)
  2. ESOUND EMSとFM音源を共存させるユーティリティ(ユーザー評価:2.5)
  3. Fm Sound Player PC-98用FM音源ドライバーFSP(ユーザー評価:0)
  4. サウンドBIOSローダ EMSとサウンドBIOSの共存を手軽に実現(ユーザー評価:0)
  5. OPEM FM音源をPCMのみで鳴らす(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック