サウンドBIOSローダ

EMSとサウンドBIOSの共存を手軽に実現


ソフト詳細説明

 NEC PC-9801シリーズで、サウンドBIOS ROMを必要とするMS-DOSソフトを使用する時、そのROM領域にEMSを確保していると、サウンドBIOSが使用できません。(例:MIMPIでFM音源を使う時)
 このソフトを使うと、EMSをサウンドBIOSに化けさせることによって、その種のソフトを使用可能にします。
 しかも、簡単操作! 例えばMIMPIでMUSIC.MIDというファイルを演奏する場合、"SBL MIMPIV4 MUSIC.MID"とコマンドラインに打ち込むだけ。EMSにBIOSをロードして、ソフトを起動させて、EMS領域を開放して……といった面倒な操作は必要ありません。
 Turbo Pascal用のソースファイル付きです。

動作環境

サウンドBIOSローダの対応動作環境
ソフト名:サウンドBIOSローダ
動作OS:MS-DOS
機種:PC-98
種類:フリーソフト
作者: Kan-chan 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

サウンド  共存  BIOS  EMS 


「FM音源用」カテゴリーの人気ランキング

  1. ESOUND EMSとFM音源を共存させるユーティリティ(ユーザー評価:2.5)
  2. OPEM FM音源をPCMのみで鳴らす(ユーザー評価:0)
  3. サウンドBIOSローダ EMSとサウンドBIOSの共存を手軽に実現(ユーザー評価:0)
  4. Fm Sound Player PC-98用FM音源ドライバーFSP(ユーザー評価:0)
  5. サウンド ドライバ SAY (Sound Driver SAY) 常駐ドライバ型ゲーム向け音楽演奏システム FALCOMやFMPのデータが演奏可能 PCM利用可能(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック