RSIO

RS-232Cのケーブル直結、38400ボーにてWin-PCなどとのファイル相互転送ツール


ソフト詳細説明

当ツールは RS-232C の Y-modemプロトコルを使って、主に Windowsパソコンとのファイル相互転送を行うもので、受信用の RSIN.X と送信用 RSOUT.X の2本のプログラムから成っています。内容は一般的なターミナルソフトからバイナリファイルの転送部を抜き出してコマンドモード用化したようなものですが、特別な設定無しに38400ボーの高レートで通信し、ファイル、ディレクトリ名を列記することやワイルドカードの使用で、複数ファイルの連続転送も簡単に行えます。パソコン間の接続はクロスケーブルでの直結を前提にしており、Windows側では標準添付されている「Hyper Tarminal」もしくは「Win Tarm」の使用を想定しています。

動作環境

RSIOの対応動作環境
ソフト名:RSIO
動作OS:X68000
機種:X68000
種類:フリーソフト
作者: 匿名 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

転送  ケーブル  RS  直結  ボー 


「ファイル転送」カテゴリーの人気ランキング

  1. RSIO RS-232Cのケーブル直結、38400ボーにてWin-PCなどとのファイル相互転送ツール(ユーザー評価:0)
  2. hounds for RS-232C X680x0 同士を RS232C 等で繋ぎ相手のdiskにaccess(ユーザー評価:0)
  3. hounds for SCSI target.x X680x0を二台以上つないでアクセス(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック