EEL

グラフィックパターンエディタ


ソフト詳細説明

 X68000には、強力なグラフィック機能が装備されています。そして、それらを生かしたグラフィックツールが多数存在しています。そして、それらを生かした「画像データ」が多数流通しています。

 しかし、グラフィック機能で表示しうるものは「画像データ」だけではありません。さまざまなプログラムが、文字フォントやアイコン、スプライトやBGなどといった「パターンデータ」を表示していることでしょう。
 これらのプログラムが扱う「パターンデータ」を自分で編集してみたことがあるでしょうか。多くのユーザーは、これらを専門に扱うツールがない場合は手も足も出ないことでしょう。少し気が利くようになれば、各種グラフィックツールで「パターンデータ」を描いたあと、データコンバータを通してプログラムが扱える「パターンデータ」にすることができるでしょう。

 グラフィックツールには、大きく分けて2つの種類があります。Z'sSTAFFやマチエールといった「画像データを編集する」ツールと、本体付属スプライトエディタやOh!Xで配布されたSM.X、テラッツォなどといった「パターンデータを編集する」ツールです。
 前者のツールの利点は、色数・サイズなどの点で自由な絵が描けるところです。ですが、逆にそれが仇になって色数・サイズに制限の設けられた「パターンデータ」の編集には非常に苦労が伴います。例えばSX-WINDOW のアイコンデータ相当のものをマチエールで描いてみれば、その苦労はわかることでしょう。
 後者はまさに「パターンデータ」を編集するために作られたツールですから、色数・サイズの問題はクリアされています。ですが現在のところ、この手のツールは筆者にとっては機能不足を感じています。

 EELは,後者の「パターンデータを編集するツール」として作られました。業務用パターンエディタ(最近はMacを使ってPhotoShop で描いて変換しているところも多いらしいが)に迫る機能と操作性をお試しください。

動作環境

EELの対応動作環境
ソフト名:EEL
動作OS:X68000
機種:PC-98 X68000
種類:フリーソフト
作者: 後藤 浩昭 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

エディタ  グラフィック 


「エディタ」カテゴリーの人気ランキング

  1. HexD 表示されているグラフィック画面を加工(ユーザー評価:0)
  2. EEL グラフィックパターンエディタ(ユーザー評価:0)
  3. Ap2touch Pic2ヘッダ 修正ツール(ユーザー評価:0)
  4. P2touch Pic2ヘッダ 修正、コメント埋込、抽出ツール(ユーザー評価:0)
  5. SpBox EX-System version 3.0 用画像処理プログラム(特殊矩形処理)(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック