SynWrite Editor

数多くのプログラミング言語の構文強調表示に対応した、タブ形式のソースコードエディタ


ソフト詳細説明

数多くのプログラミング言語の構文強調表示に対応した、タブ形式のソースコードエディタです。対応しているプログラミング言語(スクリプト含む)は、Ada、Assembler、C、C#、C++、CSS、D、Delphi resources、FoxPro、GreatCowBasic、HTML、Jade、Java、JavaScript、LaTeX、Lisp、Pascal、Perl、PHP、PostScript、Smalltalk、SQL、Visual Basic、XMLなど、100種類に上ります。

構文強調表示に加え、コードの折り畳みやツリー構造表示にも対応しています。複数キャレットにも対応し、例えばHTMLを利用してWebページをデザインしているとき、複数行に渡り、同時に<li>タグでリスト項目を作るといった操作が可能です。

左ペインや下部エリア、右ペインでは、ツリー構造ビュー、ファイルエクスプローラ、プロジェクト管理、FTP/SFTPクライアント、文書ミニマップ、クリップボード履歴、外部ツールの出力、検索結果表示、テキストクリップ、タブ一覧など、さまざまな機能を利用できます。

コーディングをサポートする機能として、相対するコードやタグ、ブラケットを補完する「自動補完」機能、HTMLのタグを入力して【Tab】キーを押すとタグ入力を補完する「SmartTagTabbing」機能、選択した文字列内の同一文字列を認識し、一度の操作でまとめて編集可能な「SyncEditing」機能、カラーピッカー、ポータブルブックマークなどが用意されています

そのほか、ISO-2022-JP、Shift JIS、EUC-JPといったエンコーディング(複数の文字集合を同時に扱うための規則)や正規表現のサポート、Python言語で書かれたプラグインによる機能拡張も可能です。

【日本語化の手順】

インストール後、「Options」→「Customize」の順に選択し、「Options」ウィンドウを表示します。「Language」セクションの▼をクリックして「日本語(日本)」を選択して「OK」をクリックすると日本語化されます。

動作環境

SynWrite Editorの対応動作環境
ソフト名:SynWrite Editor
動作OS:Windows 7/Vista/XP
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: UVViewSoft 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!


「テキストエディタ」カテゴリーの人気ランキング

  1. Mery 簡単・便利!シンプルなテキストエディタ(ユーザー評価:4.5)
  2. NoEditor タブ式エディタの画面切り替えの便利さと、SDI式エディタの使い勝手の良さを持ち合わせたテキストエディタ(ユーザー評価:4.5)
  3. TEditorMX プログラム作成に使えるテキストエディタ(ユーザー評価:0)
  4. ライティングさん WEBライターが作ったWEBライティング支援エディタ(ユーザー評価:3.5)
  5. AsstEd キー入力の支援に重点を置いたタブエディター(ユーザー評価:0)

「テキストエディタ」カテゴリのソフトレビュー

  • AsstEd 1.59 - 「単文字アシスト」「探索アシスト」の二つの機能が文字列入力を支援してくれる、タブ切り替え型のテキストエディタ
  • HieraPad 1.00.01 - 外部アプリとの連携やノードのテキスト保存などの機能で実用性を高めた、軽快なアウトラインプロセッサ
  • Maktabee 2.1.5 build258 - プログラム言語の編集に便利な機能を数多く搭載。マルチプロジェクト管理対応のテキストエディタ
  • 詫太郎2 1.19 - テンプレートの一部を書き換えて、必要な文書をすばやく作成できるテキストエディタ
  • Epsaly 2.00 - 柔軟な操作性と豊富な機能で編集作業を効率化できる高機能テキストエディタ

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック