UndoClose

誤って終了させたアプリケーションや閉じたフォルダをホットキーで起動させる


ソフト詳細説明

「Close(閉じた)」ウィンドウを「Undo(元に戻す)」ソフト。終了させたアプリケーションや、エクスプローラなどで表示して閉じたフォルダをホットキーで呼び出し、再度、表示させられます。「作業中のウィンドウを誤って閉じてしまった!」というようなときに便利です。

デフォルトのホットキーは、フォルダが【Ctrl】+【Shift】+【F】キー、アプリケーションが【Ctrl】+【Shift】+【A】キーです。ホットキーを1回押すと最後(直前)に閉じたウィンドウが表示され、続けてホットキーを押すと、さらにひとつ前に閉じたウィンドウが表示されます。

ホットキー以外に、タスクトレイの常駐アイコンをクリックして、最近閉じたフォルダやアプリケーションを選択して表示させることもできます。「Recently Closed Folders:」セクションには「閉じたフォルダの一覧」が、「Recently Closed Apps:」セクションには「終了したアプリケーションの一覧」が表示されます。一覧表示を利用すれば、終了した順番通りでなくとも、選択して表示させることが可能です。

ホットキーの指定を変更することも可能です。操作画面の「Hotkeys:」セクションで、「Open Last Closed Folder:(フォルダ用のホットキー)」か、「Open Last Closed App:(アプリケーション用のホットキー)」を選び、変更するホットキーのボックスをクリックし、アクティブな状態にして任意のキーを押します。押したキーがボックスに表示されたら「Change」をクリックればOKです。

そのほか、Windows起動時に「UndoClose」を同時起動するオプションも用意されています。

終了したアプリケーションを再度起動しても、開いていたデータは読み込まれません。アプリケーション起動後、履歴ファイルなどのコマンドを利用して読み込むと便利です。

動作環境

UndoCloseの対応動作環境
ソフト名:UndoClose
動作OS:Windows 7
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: AddictiveTips 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

起動  キー  ホット  フォルダ 


「ホットキー」カテゴリーの人気ランキング

  1. UndoClose 誤って終了させたアプリケーションや閉じたフォルダをホットキーで起動させる(ユーザー評価:0)
  2. Quick Pop Menu ホットキーを押して予め登録したショートカットをメニューに表示、実行してくれるランチャー(ユーザー評価:0)
  3. ShortcutExecutor 任意のキーでアプリケーションを一発起動(ユーザー評価:3.5)
  4. ごまランチ Win キーも使用できる、ショートカットキー(ホットキー)からアプリケーションを起動するランチャー(ユーザー評価:2.5)
  5. HotKey Launcher.NET ホットキーを使って、使いたい機能やフォルダを瞬時に呼び出し!(ユーザー評価:0)

「プログラムランチャー」カテゴリのソフトレビュー

  • Start Menu 8 v5 PRO 3L - Windows 10、8.1、8 のスタートメニューを使い慣れたWindows 7風にカスタマイズ
  • モニカ 1.0 - “本体”はコンパクトなスライドショウ。画像上の右クリックでさまざまな機能を呼び出せるデスクトップアクセサリ
  • ALiS 1.32.7.712 - 指定したタイミングでアプリやファイル、システムタスクなどを開ける。手軽に使えるスケジュール型ランチャ
  • Styx 64ビット版 5.00 - 時計、リソースメータ、ウィンドウ管理など、便利な機能を数多く搭載した“無限階層”ボタン型ランチャ
  • XLaunchPad 1.091 - 直感的な操作で目的のアイテムをすばやく開ける、OS X Lion「Launchpad」風のランチャ

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック