EVFLIB

VC++で簡単に動画ファイルから画像を取得するプログラムが作成できる(ヘッダファイル形式)


ソフト詳細説明

1.概要
このライブラリ関数を使えば,動画ファイルからフレーム画像を取り出すプログラムを手軽に作成できます.

2.特長
(1)内部でDirectShowを使用しており,様々な動画形式のファイルを読むことができます.
(2)1フレームずつ画像データを取り出すことができます.
(3)任意のフレーム番号へ移動(シーク)することもできます.
(4)画像サイズ,ビット数,フレーム数,現在位置等の情報を取得することができます.
(5)画像フォーマットは32ビットおよび24ビットから選択できます.
(6)フレームバッファ(転送先)の変更ができます.
(7)最大10個のファイルを同時に開くことができます.

3.更新内容(ver.1.1)
・Windows 10, K-Lite Codec Packの環境でEVF_Close()時に強制終了する問題を修正

動作環境

EVFLIBの対応動作環境
ソフト名:EVFLIB
動作OS:Windows 10/8/7/Vista/XP
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: I.N. 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

動画  ヘッダ  VC++ 


「C言語」カテゴリーの人気ランキング

  1. 学習用C言語開発環境 ベータ版 これまでで最もシンプルなC言語開発環境(ユーザー評価:0)
  2. フローチャート自動生成ツール yFlowGen C,C++言語で記載されたコードからフローチャートを自動生成する(ユーザー評価:4.5)
  3. リソーエディタ Win32開発用のリソースエディタ(ユーザー評価:0)
  4. EWCLIB VC++で簡単にウェブカメラ画像入力プログラムを作成できる(ヘッダファイル形式)(ユーザー評価:0)
  5. C言語を始めよう! Ver2 C言語ミニ開発環境(ユーザー評価:4.5)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック