EWCLIB

VC++で簡単にウェブカメラ画像入力プログラムを作成できる(ヘッダファイル形式)


ソフト詳細説明

1.概要
このライブラリ関数を使えば,誰でも手軽にウェブカメラ(USBカメラ/DirectShow)画像入力プログラムを作成できます.最近は低価格なウェブカメラがたくさん出回っていますが,それらの画像を処理するプログラムの作成に便利です.

2.特長
(1) 最低3つの関数を使用するだけで簡単に画像入力ができます.
(2) 複数カメラの同時接続に対応します.
(3) カメラ毎に解像度,フレームレートの設定ができます.
(4) 明るさ,コントラスト,ホワイトバランス等の取得・設定ができます.
(5) 画像の更新確認,サンプル時刻の取得,フレームバッファの変更ができます.
(6) カメラのフォーマット取得やフォーマット指定ができます.

動作環境

EWCLIBの対応動作環境
ソフト名:EWCLIB
動作OS:Windows 10/8/7/Vista/XP
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: I.N. 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

カメラ  ウェブ  ヘッダ  VC++ 


「C言語」カテゴリーの人気ランキング

  1. フローチャート自動生成ツール yFlowGen C,C++言語で記載されたコードからフローチャートを自動生成する(ユーザー評価:4.5)
  2. 学習用C言語開発環境 ベータ版 これまでで最もシンプルなC言語開発環境(ユーザー評価:0)
  3. mlib 数値計算の確認やリアルタイムグラフ描画のための、C++の知識のいらないGUIベースCライブラリ(ユーザー評価:0)
  4. リソーエディタ Win32開発用のリソースエディタ(ユーザー評価:0)
  5. BCC Skipper あの「BCC Skipper」が帰ってきた! テキストエディタ兼Borland C++開発支援(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック