リソーエディタ

Win32開発用のリソースエディタ


ソフト詳細説明

「リソーエディタ」は片山博文MZが開発したWin32開発用のフリーのリソースエディタです。リソースエディタの理想を実現しました。

RCファイルを読み込んだり、EXEやDLLファイルに含まれているリソースデータを追加・編集・抽出・複製・削除できます。ダイアログ、メニュー、文字列テーブル、アクセラレータなどの編集ができます。また、ダイアログリソースなどを作成・編集するダイアログエディタとして使えます。テキストの検索可能。入力補完機能付き。

近くの「resource.h」ファイルを読み込んだり、更新したりできる機能もあります。

エクスポートしたリソースは、Visual C++ 2017で読み込み可能です。

注意:「C:\Program Files」や「C:\Program Files (x86)」にインストールするのは避けて下さい。リソースコンパイラ(windres)は、ファイルパス中の空白文字を受け入れないからです。

動作環境

リソーエディタの対応動作環境
ソフト名:リソーエディタ
動作OS:Windows 10/8/7/Vista/XP
機種:IBM-PC x64
種類:フリーソフト
作者: 片山博文MZ 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

エディタ  開発 


「C言語」カテゴリーの人気ランキング

  1. 学習用C言語開発環境 ベータ版 これまでで最もシンプルなC言語開発環境(ユーザー評価:0)
  2. フローチャート自動生成ツール yFlowGen C,C++言語で記載されたコードからフローチャートを自動生成する(ユーザー評価:0)
  3. リソーエディタ Win32開発用のリソースエディタ(ユーザー評価:0)
  4. EWCLIB VC++で簡単にウェブカメラ画像入力プログラムを作成できる(ヘッダファイル形式)(ユーザー評価:0)
  5. Visual Windows for BC++ BC++5.5のウィンドウズ統合環境(ユーザー評価:4.5)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック