TCP電子会議システム

4人まで同時発言可能、TCPを用いた50人まで参加できる電子会議システム


ソフト詳細説明

最大50人まで参加できる電子会議室を運用するサ−バ−とクライアントプログラムのセットです。LAN内でもインタ−ネット経由でも参加可能です。
クライアントパネルには、参加者全員が表示され、また、参加者が多くなっても自分がどれであるかが"Me"と表示されるので一目でわかります。
2人目以降の入室にはドアをノックする音。
退室時にはドアを閉める音が出ます。
これらの音デ−タは、WAVファイルですので、自分の気に入った音に変えることもできます。

発言ボタンを押すと、サーバーに発言要求を出し、空いている送信権があれば、割り当てられるといった送信権争奪方式を採用しました。従いまして、最大50人までの誰もが発言権を得ることができます。

設定も操作も非常に簡単で直感的にできます。
Windows XP以降でお使いください。
インスト−ル無しですので、不要になったらディレクトリごと削除してください。

動作環境

TCP電子会議システムの対応動作環境
ソフト名:TCP電子会議システム
動作OS:Windows Vista/XP
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 波平 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

会議  参加  発言  TCP 


「通信」カテゴリーの人気ランキング

  1. Orb 自宅PCをパーソナル放送局に(ユーザー評価:0)
  2. シリアル通信チェッカー シリアルポート (RS-232C) に接続された機器と通信するためのソフトウェア(ユーザー評価:0)
  3. 要約筆記記録ツール IPCapture 要約筆記の通信を記録・再現したり、入力結果を数値解析する(ユーザー評価:0)
  4. CPLT COMポートから受信したCSVデータをファイルに保存しつつ、リアルタイムにグラフに表示(ユーザー評価:0)
  5. CHAPハッシュチェッカー CHAPプロトコルで生成される、MD5ハッシュデータを再現(ユーザー評価:0)

「通信」カテゴリのソフトレビュー

  • Orb 2.00.0930 - 簡単な操作で自宅マシンの“パーソナル放送局”化を実現できるネットワーク配信ソフト

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック