9点円とフォイエルバッハの定理

三角形を自由に変形させながら、9点円およびフォイエルバッハの定理の成り立つ様子を実感できる


ソフト詳細説明

・「 三角形の各辺の中点、各頂点から対辺におろした垂線の足、各頂点と垂心を結ぶ線分の中点、の計9個の点は、中心が、垂心と外心との中点で、半径が、外接円の1/2である円周上にある。」この円を、9点円 といいます。
・そして「9点円は、内接円と3つの傍接円に接する。」 これを「フォイエルバッハの定理」といいます。
・頂点は、画面タッチやマウスで動かすことができます。その動きに合わせて「9点円」等が変化する様子を見てください。
・内接円や傍接円は、それぞれ表示/非表示にすることができます。

(参考)
・caLara-soft ( カララソフト ) は、一連の数式シミュレーションソフトウェア群の名称です。
・係数の変更等により、グラフなどがどう変化するかをリアルタイムに表示します。
・数学(主に高校数学およびその発展)にでてくる式や量に関して、イメージを持っていただくことを目的としています。
・授業等で板書を補うものとして、ワンポイントでの使用を想定しています。
・操作の単純化、および起動・終了時間の短縮のため、単機能を基本としています。
・点や線の視認性を高めるため、背景色は黒または濃紺を基本としています。
・3次元のグラフは、マウスや↑↓←→キーで回転させてみることができます。
・面倒なインストールは不要で、すぐ使え、レジストリ も汚しません。
・Windows 10 / 8 / 7 用ですが、Windowsタブレット用に特化したシリーズ もあります。
・個人利用に限り無料で、機能制限もありません。
・学校等で組織的に利用される場合には利用料が発生し、別途手続きが必要です。
・詳しくは、http://calara-soft.com/ をご覧ください。

利用条件・試用期間中の制限など

本プログラムは、個人が所有するパソコンにて使用する場合には無料ですが、学校等において組織的に利用する場合(個人所有でないパソコンにて使用する場合)には、台数に応じた利用料を必要とします。

動作環境

9点円とフォイエルバッハの定理の対応動作環境
ソフト名:9点円とフォイエルバッハの定理
動作OS:Windows 10/8/7/Vista/XP
機種:IBM-PC x64
種類:シェアウェア :100円
作者: カララ 

お支払い

このソフトは有料ソフトです。
※消費税の増税に伴い、ソフト詳細説明や動作環境等に表示されている価格と、実際の価格が異なる場合がございます。ご購入前に必ずご確認ください。

※送金前に「シェアウェアの送金について」をお読み下さい。

その他のお支払い

銀行振り込みあり
※詳細はソフトをダウンロード後、ご確認ください。

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

変形  三角形  実感  定理  フォイエルバッハ  様子 


「カララソフト」カテゴリーの人気ランキング

  1. 整関数のグラフ(10次式まで) 10次式までの整式のグラフを、係数の変化に合わせて、リアルタイムに描画する(ユーザー評価:0)
  2. 平面による正n角錐の切断 平面を移動させたとき、正 n 角錐の切断面が様々に変化するところを見ることができる(ユーザー評価:0)
  3. 平面による正n角柱の切断 平面を移動させたとき、正 n 角柱の切断面が様々に変化するところを見ることができる(ユーザー評価:0)
  4. 平面による直方体の切断 直方体を平面で切断したときの断面は、三角形-四角形-五角形-六角形と、様々に変化する(ユーザー評価:0)
  5. 3×3行列による変換 3×3行列により、空間上の点がどのように変換されるかをご覧ください(ユーザー評価:0)

「算数・数学」カテゴリのソフトレビュー

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック