Areaコマンドにより計測された面積値を引き出し線で

Areaコマンドにより計測された面積値を引き出し線で描画する(LEADAREA) AutoCADLT


ソフト詳細説明

Areaコマンド(点)により計測された面積値をクリック位置に引き出し線で
描画する。

AUTOCAD LT 2010で動作確認しております。
AUTOCAD LT 2010で動作確認しております。

【本ソフトの特徴】

DLLをインストールしません。
レジストリを操作しません。
設定ファイルや中間ファイルは、アプリケーションフォルダーを使用します。

動作環境

Areaコマンドにより計測された面積値を引き出し線での対応動作環境
ソフト名:Areaコマンドにより計測された面積値を引き出し線で
動作OS:Windows 7/XP
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: mapinfo 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

コマンド  描画  計測  面積  Area  AutoCADLT  LEADAREA 


「AutoCAD用」カテゴリーの人気ランキング

  1. DXFDWG DXF、DWG相互間で一括変換(ユーザー評価:0)
  2. 三斜自動切りおよび面積表の作成 ACAD専用 (TriBun) 三斜自動切りおよび面積表の作成 AutoCAD LT 専用 (TriBun)(ユーザー評価:4.5)
  3. SIMAデータをDXFデータへ変換ユーティリティー 測地データ交換用SIMAデータ(SIM)をAutoDesk社交換フォーマッ トであるDXFデータへ変換(SimaToACAD)(ユーザー評価:0)
  4. Excelの座標リストより、AutoCADに線と点名を描画する Excelの座標リスト(路線)より、AutoCADに線と点名(路線)を描画(作成)する(RosenPut)(ユーザー評価:4.5)
  5. ShapeToDxf SHPデータをDXFデータへ変換する ESRI社交換フォーマットであるシェープデータ(SHP)からAUTODESK社交換フォーマットであるDXFファイルに変換(ユーザー評価:0)

「CAD・NC・プロッタ」カテゴリのソフトレビュー

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック