Windows-DTPキット

WindowsからPostScriptプリンタのハードディスク内にあるフォントを利用する


ソフト詳細説明

 Winodws95はフォントとして、TrueType、WIFE、PostScriptの3種類のフォントを認識する。TrueTypeは、OS自体がラスタライザを搭載しているので、Windowsに直接登録することで使えるようになる。WIFEは、フォントラスタライザへのAPIとしてWindowsが提供する機能を使ったもので、専用のフォントラスタライザを必要とする。PostScriptは、PFM(Printer Font Metrics)ファイルをWin.iniに記述することで認識させるフォントで、ATM(Adobe Type Manager)に登録することで画面表示を行なうことも出来るが、基本的に仮想フォントとして代替え表示されるフォントである。
 PostScriptフォントは、PostScriptプリンタに搭載されたフォントを、Windowsから指定するために用意された機能で、ATM(あるいはTrueTypeやWIFEのような、画面表示フォント)と協調して動作することで、WindowsにPostScriptのWYSIWYG環境を提供することができる。
 PostScriptプリンタを使わない、あるいはフォントが搭載されていない場合は、トラブルの元になる(^^; ので、ご注意を。

動作環境

Windows-DTPキットの対応動作環境
ソフト名:Windows-DTPキット
動作OS:Windows 95
機種:汎用
種類:サンプル版
作者: 久富 隆洋 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

フォント  ハードディスク  PostScript  プリンタ 


「フォント用」カテゴリーの人気ランキング

  1. フォント自動判定 画像から使用されているフォントを自動判定(ユーザー評価:0)
  2. フォント見本の表示と印刷 フォントの見本を表示する(ユーザー評価:3.5)
  3. Impression Letter Drag&Dropで簡単操作のフォントユーティリティ(ユーザー評価:3.5)
  4. FontUNow(ホンチナ) フォントの一時的なインストールを簡単に出来き、仮名フォントの入力手伝い機能もあるDelphi6ソース付き(ユーザー評価:4.5)
  5. フォント一覧印刷君 フォント印刷の定番ソフト! 段組印刷・HTML分割出力などの実用的な機能も満載!(ユーザー評価:2.5)

「フォント用」カテゴリのソフトレビュー

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック