MakeTrustedHTML.VBS

ローカルのHTMLファイルを「信頼済みサイトゾーン」にするVBScript


ソフト詳細説明

ローカルのHTMLファイルは、Mark of the Web/ZoneID/ZoneFolderの各方法を使っても、「信頼済みサイトゾーン」で動かすことが出来ません。
しかし、ローカルのMHTMLファイルは、「信頼済みサイトゾーン」に出来ます。
そこで、ローカルのHTMLファイルを「Web ページ、HTML のみ」のMHTMLファイルに加工して、「信頼済みサイトゾーン」で動くようにします。

動作環境

MakeTrustedHTML.VBSの対応動作環境
ソフト名:MakeTrustedHTML.VBS
動作OS:Windows XP/Me/2000
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 吉岡 照雄 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

ローカル  信頼  ゾーン  HTML  VBScript 


「shellプログラム」カテゴリーの人気ランキング

  1. ShoSendTo エクスプローラの右クリックで出て来る「送る」メニューの拡張ツール(ユーザー評価:0)
  2. Unixリモートシェル実行 リモートシェル実行とその自動化を行う(ユーザー評価:0)
  3. PdfPrint.VBS コマンドラインでPDFファイルを印刷するVBScript(ユーザー評価:0)
  4. Printer.VBS プリンタを表示(操作)するVBScriptとPrintUI.DLL操作CMD(ユーザー評価:0)
  5. VBSLock.VBS VBScriptで使える汎用ロック関数と二重起動防止サンプルコード(ユーザー評価:0)

「shellプログラム」カテゴリのソフトレビュー

  • ShoSendTo 1.16 - 「送る」メニューにショートカットを簡単に登録できるようにしてくれる拡張ソフト
  • ワードバンド 1.20 - タスクバーに常駐する“多目的入力フロントエンド”ソフト

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック