ExposeWindowObject.HTM

HTMLWindow2オブジェクトを外部から捕捉できるよう曝すコンテクストメニュー拡張


ソフト詳細説明

HTAなどのHTMLドキュメントは、スクリプトからShell.Windows()で捕捉することが出来ません。
もし、右クリックメニューで、自発的にHTMLWindow2オブジェクトを外部に曝すことが出来れば、スクリプトからそのHTMLWindow2オブジェクトを捕捉して操作できます。

動作環境

ExposeWindowObject.HTMの対応動作環境
ソフト名:ExposeWindowObject.HTM
動作OS:Windows XP/Me/2000
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 吉岡 照雄 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

オブジェクト  コンテクスト  捕捉  HTMLWindow 


「shellプログラム」カテゴリーの人気ランキング

  1. ShoSendTo エクスプローラの右クリックで出て来る「送る」メニューの拡張ツール(ユーザー評価:0)
  2. Unixリモートシェル実行 リモートシェル実行とその自動化を行う(ユーザー評価:0)
  3. Printer.VBS プリンタを表示(操作)するVBScriptとPrintUI.DLL操作CMD(ユーザー評価:0)
  4. PdfPrint.VBS コマンドラインでPDFファイルを印刷するVBScript(ユーザー評価:0)
  5. TREEPLUS TREE コマンドにタイムスタンプ出力機能を追加したもの(ユーザー評価:0)

「shellプログラム」カテゴリのソフトレビュー

  • ShoSendTo 1.16 - 「送る」メニューにショートカットを簡単に登録できるようにしてくれる拡張ソフト
  • ワードバンド 1.20 - タスクバーに常駐する“多目的入力フロントエンド”ソフト

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック