CheckZone.VBS

セキュリティレベルを一時的に変えて戻すのを忘れると危険 確認するVBScript


ソフト詳細説明

セキュリティレベルを一時的に変更して、戻すのを忘れると危険です。
所定のレベルか、確認するVBScriptです。
また「拡張子ではなく、内容によってファイルを開くこと」が標準設定のままだと、非常に危険なので、その確認もします。
ローカルのHTMLファイルに、「Mark of the Web」と呼ばれるコメントタグを追加して、各セキュリティゾーンで動くように出来ます。
同様に、ローカルのMHTML形式ファイルも各セキュリティゾーンで動くように出来ます。
これらを使って、各セキュリティゾーンの安全を確認するHTML/MHTMLファイルを同梱。
また、「Mark of the Web」とMHTML形式ファイルの危険性についても解説。

動作環境

CheckZone.VBSの対応動作環境
ソフト名:CheckZone.VBS
動作OS:Windows XP/Me/2000/98
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 吉岡 照雄 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

セキュリティ  VBScript 


「各種セキュリティ」カテゴリーの人気ランキング

  1. 職印くん32 会社で使用するような「職印」を作成(ユーザー評価:0)
  2. Camouflage フォルダにプロテクト(ごみ箱に偽装)をかけパスワードがないと中身を参照できない自分だけのフォルダに(ユーザー評価:2.5)
  3. Security Assistant リムーバブルメディアのセキュリティを高める(ユーザー評価:0)
  4. Exロックフォルダ フォルダにプロテクトをかけるセキュリティソフト 「送る」メニューからも手軽に利用可能!(ユーザー評価:3)
  5. VisualRoute 日本語版 ネットワーク不正侵入を追跡・特定するインターネット追跡ソフトのナンバー1(ユーザー評価:0)

「各種セキュリティ」カテゴリのソフトレビュー

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック