EXT.EXE

lhaなどでロングファイルネーム情報を保存・復旧


ソフト詳細説明

 ロングファイルネームが扱えないツールをサポートしようというのがそもそも
の制作主旨です。特に私の場合、lha.exeとの組み合わせで使用することを目的と
しました。

 EXT M
 カレントディレクトリよりサブディレクトリまでを全てたどり、ロングファ
イルネームと従来の8+3形式のインデックスファイル(EXTINDEX.IDX)をそ
れぞれのディレクトリに作成します。

 EXT E
 インデックスファイルに基づき、ロングファイルネームが壊れている場合、
それを修復します。

動作環境

EXT.EXEの対応動作環境
ソフト名:EXT.EXE
動作OS:Windows NT/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 厨子 直人 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

復旧  ロング  lha  ネーム 


「シェル強化」カテゴリーの人気ランキング

  1. ワードバンド OSの機能を拡張して英和/和英辞書やファイル検索など多目的に使える常駐型検索バー(ユーザー評価:0)
  2. EMAC --- Extension & Multi Appli Connector 拡張子とアプリケーションの関連付けを多重に行う(ユーザー評価:0)
  3. NameLong 古い「16ビット」アプリケーションで長いファイル名を使う(ユーザー評価:0)
  4. Run with CommandLine 95上で実行可能ファイル右クリックメニューからオプション指定実行(ユーザー評価:0)
  5. その場でDOS窓(OpenCommandPrompt) ファイルを右クリックメニューから送ると、そのフォルダでDOS窓をオープン(ユーザー評価:0)

「shellプログラム」カテゴリのソフトレビュー

  • ShoSendTo 1.16 - 「送る」メニューにショートカットを簡単に登録できるようにしてくれる拡張ソフト
  • ワードバンド 1.20 - タスクバーに常駐する“多目的入力フロントエンド”ソフト

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック