HSPCC

実行ファイルを作成するためのHSPコマンドラインコンパイラ


ソフト詳細説明

実行ファイルを作成することに機能を絞ったシンプル仕様のホットスーププロセッサ(HSP)スクリプトコンパイラです。HSP標準のエディタ(hsped2)を使っている分には必要ないと思いますが、他のエディタを使っていたり、エディタを自作されている場合は、HSPCCにスクリプトファイルを渡すことによって、エディタをHSP開発環境にすることができます。

動作環境

HSPCCの対応動作環境
ソフト名:HSPCC
動作OS:Windows XP/Me/2000/NT/98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 佐藤 賢司 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

コマンドライン  コンパイラ  HSP 


「HSP」カテゴリーの人気ランキング

  1. HMemory.dll HSPでプロセスのメモリを手軽に操作(ユーザー評価:0)
  2. HSP逆コンパイラ HSP2及びHSP3用のフリーな逆コンパイラ(ユーザー評価:3)
  3. HPDT AIR、Kanonで使れている拡張子PDTという画像を表示するHot Soup Processor向けDLL(ユーザー評価:0)
  4. ipmpack 基本的な2D画像処理を高速で行うHSP3用モジュール(ユーザー評価:0)
  5. アイコン即変乾 HSP実行ファイルのアイコンを簡単に変更(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック