imgctl.hpi

BMP/JPEG/PNG/GIF画像の読み書きが可能な、HSP2.6用プラグイン


ソフト詳細説明

imgctl.hpi は、HSP2.6の利用者向けの画像操作プラグインです。
C言語等の利用者向けである imgctl.dll をプラグイン化しました。
このプラグインは、HSP2.6より古いバージョンでは扱えません。

imgctl.hpi では、以下のようなことが出来ます。
* BMP/RLE-BMP/JPEG/PNG/GIF形式画像ファイルの読み書き。
* PNG/GIF形式に関しては、透過色などの詳細設定可能。
* アニメーションGIFの保存も可能。
* DIBデータのフルカラー/ハイカラー/256色化。
* 256色への減色は、市販ソフト程度の品質にはなります。
* DIBデータの任意倍率拡大縮小/任意角度回転。
* DIBデータの色数計算/淡色化/色調変更/RGB値置換等。
* DIBデータの画面(ウィンドウ)転送/取得。
* 画像ファイルのタイプ割り出し。

動作環境

imgctl.hpiの対応動作環境
ソフト名:imgctl.hpi
動作OS:Windows XP/Me/2000/98
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: ルーチェ 

ユーザーの評価(1人):3.5
コメント:1
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

プラグイン  読み書き  JPEG  PNG  GIF  BMP  HSP 


「HSP」カテゴリーの人気ランキング

  1. Hot Soup Processor(HSP) Windows上で手軽にソフトが作れるスクリプト言語システム(ユーザー評価:4.5)
  2. HPDT AIR、Kanonで使れている拡張子PDTという画像を表示するHot Soup Processor向けDLL(ユーザー評価:0)
  3. HMemory.dll HSPでプロセスのメモリを手軽に操作(ユーザー評価:0)
  4. HSP逆コンパイラ HSP2及びHSP3用のフリーな逆コンパイラ(ユーザー評価:3)
  5. hspdsc.dll 『HSP3.x』や『なでしこ』でWebカメラなどのDirectShowベースのキャプチャデバイスを取扱う為のプラグイン(ユーザー評価:0)

「HSP」カテゴリのソフトレビュー

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック