Wave File Library

Wave Fileを手軽に扱うためのC++クラスライブラリ ACMにも対応しています (ソースのみ)


ソフト詳細説明

Wave Fileを手軽に扱うためのC++クラスライブラリです。ACMにも対応しています。
サンプルプログラムとして、フォーマットコンバータとファイル分割ソフトがついています。
特徴は以下の通りです。
・生のPCMデータファイルと同じ感覚で読み書き可能
・ACM対応版と非対応版を同封
・圧縮形式を意識せずに読み書き可能

更新履歴
011209
factチャンクの内容が間違っていたバグを修正。
ACM対応版で、希に書き込みが失敗するバグを修正。
コンパイルミスでサンプルが使えなかったのを修正。

動作環境

Wave File Libraryの対応動作環境
ソフト名:Wave File Library
動作OS:Windows Me/2000/NT/98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 河村 学思 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

基本料金無料の『みんなの電子署名』

■関連キーワード

ライブラリ  C++  Wave  File  ACM  クラス 


「各種ライブラリ」カテゴリーの人気ランキング

  1. Wave File Library Wave Fileを手軽に扱うためのC++クラスライブラリ ACMにも対応しています (ソースのみ)(ユーザー評価:0)
  2. Wave IO Library ウェーブフォームオーディオを手軽に扱うためのCライブラリ メモリー上でPCMデータの録音再生ができます(ユーザー評価:0)
  3. Beep制御エミュレーションライブラリ NTでも内蔵音源でBeepをエミュレーション可能にしたライブラリ(ユーザー評価:0)
  4. 半透明ラベル for C++Builder 誰でも簡単に半透明効果があるアプリケーションが作れる(ユーザー評価:0)
  5. (ソース付き)OS基本情報クラス OSのバージョン情報取得、特殊フォルダ取得、一時ファイル生成を行うクラス(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック
基本料金無料の『みんなの電子署名』