アプリケーション間通信コントロール

アプリケーション間通信を行うコントロール


ソフト詳細説明

★本ソフトウェアは、アプリケーション間通信を行うためのコントロールです。

◎コントロール単位にイベントやデータの通信を行います。
◎通信するコントロールは「プロジェクト名」と「イベントグループ」によって制御されます。
◎同期・非同期の処理が出来ます。
◎通信にはデフォルトでTcpChannel、ポートは50002を使用しています。(変更可能)
◎VB.NETのサンプル付き

◆インストール
1..Net Framework SDKか 再頒布可能パッケージをインストール
2.圧縮ファイルを解凍し、適当なフォルダにコピー

◆使用方法
1.通信用サーバープロジェクトにサーバー用コントロールを貼り付ける。
2.通信用クライアントプロジェクトにクライアント用コントロールを貼り付ける。
3.プロパティを設定してビルドする。
4.アプリケーション間通信コントロール用構成ファイルを実行ファイル直下にコピーして実行する。

詳細は Readme.htm をご覧下さい。

動作環境

アプリケーション間通信コントロールの対応動作環境
ソフト名:アプリケーション間通信コントロール
動作OS:Windows XP/Me/2000/98
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: IROHA 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

通信  コントロール 


「各種ライブラリ」カテゴリーの人気ランキング

  1. WasMci MCIを簡単に使用できるライブラリ(ユーザー評価:0)
  2. CyberSPI System3.9をSusiePlugInを使用できるようにする(ユーザー評価:0)
  3. amedious 3層ニューラルネットを簡単に作るためのクラスライブラリ(ユーザー評価:0)
  4. F2DKKanji Win 漢字コード変換・管理・操作C++クラスライブラリ(ユーザー評価:0)
  5. CTWAINManager TWAINを使ってスキャナーから画像読込を行うC++のクラス(要VC++6.0)(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック