SR

TCP/IPの知識が無くても簡単にタスク間通信のプログラムが作成できてしまう


ソフト詳細説明

1.ActiveXを使用していないのでコピーするだけで動作する。
2.データの受信には、Windows標準のMouse_Downイベントを使用して通知するので、受信バッファをセンスするロジックがいらないのでプログラムは軽く動作する。
3.DLLが呼べて、Windowハンドルが取れて、Mouse_Downイベントが取得できるプログラミング言語で使用可能。(現在確認してる言語は、Access97,VB5)
4.送信先にWindowsNTのドメイン名を指定することにより同報送信が可能。
5.相手側に無事送信できたか確認することが可能。
6.ランタイムのメモリサイズが小さくシステム負荷が少ない。
7.理論的には最大255個所からの受信ができる。
8.受信タスク(SR.EXE)が受信データを溜めてくれるのでデータの取りこぼしがない。
9.MS-ACCESSやVisualBasicでも動作する。

動作環境

SRの対応動作環境
ソフト名:SR
動作OS:Windows NT/98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 谷口 光昭 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

通信  タスク  TCP/IP  知識 


「各種DLL」カテゴリーの人気ランキング

  1. メール送信DLL VB及びVBAで使用可能なメール送信用DLL(ユーザー評価:0)
  2. ファイル名検索クラス 指定フォルダから指定拡張子のファイル名を検索するクラス(DLL) 子フォルダの検索も可 WinXP対応(ユーザー評価:0)
  3. VisualBasic用 MP3操作DLL VBMP3 VisualBasic から MpegAudio を操作するライブラリ(ユーザー評価:0)
  4. Footyテキストエディタコントロール 高性能なテキストエディタコントロール(ユーザー評価:0)
  5. QRモデル2演算用DLL 2次元QRコードの演算用DLL(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック