スクリーンセーバー構築クラス ALSS

Windowsスクリーンセーバーをクラスで構築するためのライブラリ


ソフト詳細説明

Windowsスクリーンセーバーを構築するために必要な手続きを、クラスとして構築したライブラリです。これを使うと、1からWinMain()・・・と書いていくよりも簡単に構築できます。
また周期動作にWM_TIMERでなくtimeGetTimeを使用しているので、SCRNSAVE.LIBを使用したときよりも正確なタイミングで動作する事が可能です。
Visual C++でビルドを行う際にDebugを使用すると、以下のように通常のビルドでの動作と変わります。

・ウィンドゥ表示による動作となります。
・キーボード及びマウス操作によるプログラムの終了ではなく、ウィンドゥの右上の×ボタンで終了するようになります。
・セーバー中断時のパスワード入力が無くなります。

これにより、テスト動作の確認が非常に楽に行えます。

このクラスを用いて開発したプログラムはフリーソフトウェアとして再配布する事ができます。詳しくはアーカイブに同梱する、alss.txtを参照してください。

動作環境

スクリーンセーバー構築クラス ALSSの対応動作環境
ソフト名:スクリーンセーバー構築クラス ALSS
動作OS:Windows NT/98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: デジタルコテージ 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

基本料金無料の『みんなの電子署名』

■関連キーワード

スクリーンセーバー  ライブラリ  構築  クラス 


「各種ライブラリ」カテゴリーの人気ランキング

  1. CTWAINManager TWAINを使ってスキャナーから画像読込を行うC++のクラス(要VC++6.0)(ユーザー評価:0)
  2. Wave IO Library ウェーブフォームオーディオを手軽に扱うためのCライブラリ メモリー上でPCMデータの録音再生ができます(ユーザー評価:0)
  3. LFN library for LSI-C ロングファイルネーム対応プログラムを作るためのライブラリ(LSI C-86 Ver 3.30c 試食版用)(ユーザー評価:0)
  4. CX画面ライブラリ For F-Basic DOS互換プログラミングで実行可能なGUIライブラリのSDI版(F-Basic用)(ユーザー評価:0)
  5. EINLIB サーバ・クライアントの区別が不要な2台間インターネット通信ライブラリ(ヘッダファイル形式)(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック
基本料金無料の『みんなの電子署名』