原爆爆発現象ドットバス

連鎖反応開始から火球完成までの物理現象を計算、核爆発の脅威を検証


ソフト詳細説明

◆BASIC言語で組んだ、原爆爆発に伴う諸現象の科学計算プログラムです。
◆1940年英国政府が受理したフリッシュ−パイエルス覚え書きの中に「百億度の温度と十兆気圧の圧力」との記述がある。こんな非現実的な結果を算出する前提条件を検証、彼らの真意を考察するプログラムが1つ。広島型、長崎型および任意値入力する原爆で、連鎖反応から出る中性子線による被曝量、火球の温度と圧力、膨張速度、衝撃波の風速、熱線による瓦表層温度、キノコ雲の気温を、時間経過にそって計算して数値表示するプログラムが1つ。
説明テキストファイルが1つ。計3つをアーカイブファイル1つで提供します。(ダウンロード後ダブルクリックするだけで3つとも C:\BASICw32 フォルダ内にできる)
◆物理とプログラミングに詳しい方はソースコードから信びょう性が読み取れます。
使った物理法則は大学物理の初歩程度。
◆一般の方は計算結果をプリントアウトしてみると核の脅威が実感できます。

ReadmeAB.txt に従って計算実行して下さい。

動作環境

原爆爆発現象ドットバスの対応動作環境
ソフト名:原爆爆発現象ドットバス
動作OS:Windows XP/Me/2000/NT/98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 斉藤 三夫 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

物理  開始  連鎖  反応  検証  現象  脅威 


「科学」カテゴリーの人気ランキング

  1. 化学っ娘ノエリ SSP同封版 日常に溢れた化学を面白おかしく解説してくれる(ユーザー評価:3)
  2. シム フィールド2 生物界のつりあいのシミュレーション(ユーザー評価:0)
  3. 2足歩行シミュレータ 2足歩行ロボット&恐竜の歩行シミュレーション(ユーザー評価:0)
  4. オシロくん for Windows 中学校理科「音」の授業で使える音声波形表示ソフト(ユーザー評価:0)
  5. 分子郎 高性能で多機能な分子量計算ソフト 理系研究者の方なら一見の価値あり(ユーザー評価:0)

「科学」カテゴリのソフトレビュー

  • PreviSat 3.1.1.2 - 人工衛星の位置や軌道をリアルタイムで確認できる“衛星追跡ソフト”
  • Celestia 1.6.1 - 時間と空間の移動も可能な、圧倒的に美しい“宇宙旅行”ソフト
  • サン・アースくん 1.89 - 地軸の傾きや離心率を変化させることも可能な天体シミュレーションソフト
  • Facio 11.3.1 - 3D分子モデルの作成や計算結果の可視化などが可能な計算化学統合環境
  • HippLiner 2.7.1 - 恒星間航行3Dシミュレータ 太陽系近傍恒星・銀河空間を超光速・相対論的に自由に動き回ることができる

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック