SoundAna スペアナ&気象FAX

音のスペクトル解析と気象FAXのデコードを行う


ソフト詳細説明

音のスペクトル解析と気象FAXのデコードを行うツールです。

・長時間録音が可能です。また、WAVEファイルの読み込みも可能です。(44.1KHz,16bit,ステレオのみ)
・パラメータは、SoundAna.iniに保存します。

[スペクトル解析]
・サウンドボードからの入力(LINE INなど)をFFTで解析し、周波数分布を表示します。
・波形表示・スペクトル表示の切り替えができます。
・スペクトル表示では、リニア表示・対数表示/棒グラフ・折れ線グラフの切り替えができます。
・FFTのパラメータ(サンプル数、窓関数)を指定することができます。
・解析可能な周波数は、0〜22.05KHzまでです。

[気象FAXデコード]
・短波放送(*2)で放送されているJMH(*3)、JJC(*4)などのFAX放送をデコードして表示します。また、BITMAPを自動的に保存できます。
・停止信号を検出してBITMAPファイルを自動的に分割します。
・位相線を検出して自動的に位置あわせを行います。なお、手動でも可能です。
ずれた場合は、[Home]を押してください。

・受信音の周波数により、色の濃淡を付けています。
1500Hzが黒、2300Hzが白、中間は50Hzで1段階で階調をつけた灰色で表現しています。全部で16階調となります。。

動作環境

SoundAna スペアナ&気象FAXの対応動作環境
ソフト名:SoundAna スペアナ&気象FAX
動作OS:Windows XP/Me/2000/98
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: K.Horishima 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

デコード  気象  スペクトル  解析  FAX 


「科学」カテゴリーの人気ランキング

  1. 化学っ娘ノエリ SSP同封版 日常に溢れた化学を面白おかしく解説してくれる(ユーザー評価:3)
  2. シム フィールド2 生物界のつりあいのシミュレーション(ユーザー評価:0)
  3. 2足歩行シミュレータ 2足歩行ロボット&恐竜の歩行シミュレーション(ユーザー評価:0)
  4. オシロくん for Windows 中学校理科「音」の授業で使える音声波形表示ソフト(ユーザー評価:0)
  5. 分子郎 高性能で多機能な分子量計算ソフト 理系研究者の方なら一見の価値あり(ユーザー評価:0)

「科学」カテゴリのソフトレビュー

  • PreviSat 3.1.1.2 - 人工衛星の位置や軌道をリアルタイムで確認できる“衛星追跡ソフト”
  • Celestia 1.6.1 - 時間と空間の移動も可能な、圧倒的に美しい“宇宙旅行”ソフト
  • サン・アースくん 1.89 - 地軸の傾きや離心率を変化させることも可能な天体シミュレーションソフト
  • Facio 11.3.1 - 3D分子モデルの作成や計算結果の可視化などが可能な計算化学統合環境
  • HippLiner 2.7.1 - 恒星間航行3Dシミュレータ 太陽系近傍恒星・銀河空間を超光速・相対論的に自由に動き回ることができる

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック