ORBIT

万有引力・電磁気力を扱った、基本機能を押さた自由度の高い多体問題シミュレータ(ソース付き)


ソフト詳細説明

万有引力・電磁気力を扱った、基本機能を押さた自由度の高い多体問題シミュレータです。
惑星・荷電粒子軌道の複雑さを実感することができます。

特徴
・万有引力と電磁気力をシミュレート
・最大128個の質点のシミュレートが可能
・各質点のパラメータはタブ区切り形式(表計算ソフトで編集可)で設定取得可能
・計算時間間隔を2の累乗単位で12段階に切り替え可能
・表示領域の中心・倍率の設定が可能
・各質点を色分けし、最近の軌跡を表示
・キーボードのみで操作可能
・Win32APIで書かれており、小型軽量
・ソース付き

更新履歴
011015 公開
020107 ある条件で異常終了するバグを修正 画面を質量中心に移動する機能を追加
020603 電磁気力を扱う機能を追加 シミュレーションが正確になった その他、細かい修正
020830 衝突時に色が変わってしまう不具合を修正

動作環境

ORBITの対応動作環境
ソフト名:ORBIT
動作OS:Windows Me/2000/NT/98/95
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: 河村 学思 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

シミュレータ  万有引力  電磁気 


「天文・宇宙」カテゴリーの人気ランキング

  1. つるちゃんのプラネタリウム 天文シミュレーションの総合フリーソフト これがフリー?(ユーザー評価:4.5)
  2. つるちゃんの天文カレンダー 天文現象を自動計算 旧暦/月齢カレンダー、太陽と月の出没時刻表付き(ユーザー評価:4)
  3. サン・アースくん 世界中の昼夜の長さ、南中高度等を調べることができ、地軸の傾きを自由に変えることができるフリーソフト(ユーザー評価:4.5)
  4. HippLiner 恒星間航行3Dシミュレータ 太陽系近傍恒星・銀河空間を超光速・相対論的に自由に動き回ることができる(ユーザー評価:3.5)
  5. PreviSat 人工衛星の位置や軌道をリアルタイムに確認できる(ユーザー評価:0)

「科学」カテゴリのソフトレビュー

  • PreviSat 3.1.1.2 - 人工衛星の位置や軌道をリアルタイムで確認できる“衛星追跡ソフト”
  • Celestia 1.6.1 - 時間と空間の移動も可能な、圧倒的に美しい“宇宙旅行”ソフト
  • サン・アースくん 1.89 - 地軸の傾きや離心率を変化させることも可能な天体シミュレーションソフト
  • Facio 11.3.1 - 3D分子モデルの作成や計算結果の可視化などが可能な計算化学統合環境
  • HippLiner 2.7.1 - 恒星間航行3Dシミュレータ 太陽系近傍恒星・銀河空間を超光速・相対論的に自由に動き回ることができる

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック