PreviSat

人工衛星の位置や軌道をリアルタイムに確認できる


ソフト詳細説明

軌道上の人工衛星や宇宙ステーションの位置を世界地図上に表示するソフトです。リストから表示したい衛星を選ぶことができ、実際の時刻の位置を示す“Real”とユーザが任意の日時を指定できる“Manual”の2種類のモードがあります。

世界地図(World Map)上に表示されている衛星の名前をクリックすると、地図上にその衛星の軌道を表示。ウィンドウ下部にある“Main”タブでは座標や移動速度、軌道高度などの詳細な情報を見ることができます。

地図上では、昼と夜の部分が色分けされ、太陽と月の位置も表示されます。“Sky Map”を選ぶと地図に代わって天球図がされるため、代表的な星座をもとに衛星の位置を探すことができます。

【主な機能】
・衛星の名前や現在位置、軌道を地図上に表示
・表示する衛星をリストから選択
・TLEファイルの読み込み(切り替え)で衛星の種類(リスト)を選択可能
・実時間に基づくReal Time、日時指定が可能なManualの2モードに対応
・衛星の座標、移動速度、軌道高度などの詳細情報を表示
・地図のみを表示する拡大表示モード
・星座と衛星の位置を重ね合わせて表示するSky map(観測地点の選択可能)
・日時指定に基づいて方位や仰角などの詳細な情報をテキストで表示するPrediction機能
・イリジウムフレアの発生時刻を予測
・ISS(国際宇宙ステーション)の太陽面/月面通過や合を計算
・表示項目のカスタマイズ
・TLEファイルのアップデート
・地図の印刷
・既存のTLEファイルからデータを抽出して独自のファイルを作成

【備考】
DLLファイルがないため起動できないというメッセージが表示されることがあります。その場合は、インストール中に表示されるメッセージ内に記されているアドレス(http://sourceforge.net/projects/previsat/files/)へアクセスして“livprevisat”というディレクトリから、“libprevisat3-win.zip”というアーカイブを入手してください。アーカイブを展開し、ライブラリ用インストーラを起動してライブラリファイルをインストールします。

動作環境

PreviSatの対応動作環境
ソフト名:PreviSat
動作OS:Windows 7/Vista/XP/Me/2000/NT/98
機種:IBM-PC
種類:GPL
作者: Astropedia 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

リアルタイム  人工  衛星  軌道 


「天文・宇宙」カテゴリーの人気ランキング

  1. つるちゃんのプラネタリウム 天文シミュレーションの総合フリーソフト これがフリー?(ユーザー評価:4.5)
  2. つるちゃんの天文カレンダー 天文現象を自動計算 旧暦/月齢カレンダー、太陽と月の出没時刻表付き(ユーザー評価:4)
  3. サン・アースくん 世界中の昼夜の長さ、南中高度等を調べることができ、地軸の傾きを自由に変えることができるフリーソフト(ユーザー評価:4.5)
  4. HippLiner 恒星間航行3Dシミュレータ 太陽系近傍恒星・銀河空間を超光速・相対論的に自由に動き回ることができる(ユーザー評価:3.5)
  5. PreviSat 人工衛星の位置や軌道をリアルタイムに確認できる(ユーザー評価:0)

「科学」カテゴリのソフトレビュー

  • PreviSat 3.1.1.2 - 人工衛星の位置や軌道をリアルタイムで確認できる“衛星追跡ソフト”
  • Celestia 1.6.1 - 時間と空間の移動も可能な、圧倒的に美しい“宇宙旅行”ソフト
  • サン・アースくん 1.89 - 地軸の傾きや離心率を変化させることも可能な天体シミュレーションソフト
  • Facio 11.3.1 - 3D分子モデルの作成や計算結果の可視化などが可能な計算化学統合環境
  • HippLiner 2.7.1 - 恒星間航行3Dシミュレータ 太陽系近傍恒星・銀河空間を超光速・相対論的に自由に動き回ることができる

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック