SPACE105 太陽系惑星Viewer

太陽系のすべての惑星を3D表示して周回


ソフト詳細説明

太陽系のすべての惑星を3Dで表示して周回します。
マウスとキー操作によって、カメラ位置、周回速度、陰影の有無をコントロールでき
ます。

★Ver.6.5からのバージョンアップによる変更点
1. ユーザー未登録でも、天王星、海王星、冥王星を表示。
2. シーンの転換にフェードイン・フェードアウトを使用。
3. シーン間隔の時間設定ボックスの追加。
4. 作者ホームページへのジャンプ機能を追加。
5. メニュー表示の切り替えキーをSPACEキーに変更。
6. CHANGEモードの際のメニュー表示の一部のバグを修正。

ユーザー登録とパスワードはシリーズ共通です。

現在、ホームページを持っている方を対象にしたライセンスキー無料サービスを実施
しています。くわしくは作者ホームページ
(http://www.ayame.sakura.ne.jp/%7Espace/)をご覧ください。

利用条件・試用期間中の制限など

ユーザー登録されるまでの間は「試用期間中」等の文字やデジタルロケのロゴが表示されます。
なお、ユーザー登録とライセンスキーは、SPACEシリーズ共通です。

動作環境

SPACE105 太陽系惑星Viewerの対応動作環境
ソフト名:SPACE105 太陽系惑星Viewer
動作OS:Windows Me/2000/98/95
機種:汎用
種類:シェアウェア :525円
作者: 竹本 幹也 

お支払い

このソフトは有料ソフトです。
※消費税の増税に伴い、ソフト詳細説明や動作環境等に表示されている価格と、実際の価格が異なる場合がございます。ご購入前に必ずご確認ください。

※送金前に「シェアウェアの送金について」をお読み下さい。

その他のお支払い

銀行振り込み/郵便振替あり
※詳細はソフトをダウンロード後、ご確認ください。

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

3D  惑星  太陽系  周回 


「天文・宇宙」カテゴリーの人気ランキング

  1. つるちゃんのプラネタリウム 天文シミュレーションの総合フリーソフト これがフリー?(ユーザー評価:4.5)
  2. つるちゃんの天文カレンダー 天文現象を自動計算 旧暦/月齢カレンダー、太陽と月の出没時刻表付き(ユーザー評価:4)
  3. サン・アースくん 世界中の昼夜の長さ、南中高度等を調べることができ、地軸の傾きを自由に変えることができるフリーソフト(ユーザー評価:4.5)
  4. HippLiner 恒星間航行3Dシミュレータ 太陽系近傍恒星・銀河空間を超光速・相対論的に自由に動き回ることができる(ユーザー評価:3.5)
  5. PreviSat 人工衛星の位置や軌道をリアルタイムに確認できる(ユーザー評価:0)

「科学」カテゴリのソフトレビュー

  • PreviSat 3.1.1.2 - 人工衛星の位置や軌道をリアルタイムで確認できる“衛星追跡ソフト”
  • Celestia 1.6.1 - 時間と空間の移動も可能な、圧倒的に美しい“宇宙旅行”ソフト
  • サン・アースくん 1.89 - 地軸の傾きや離心率を変化させることも可能な天体シミュレーションソフト
  • Facio 11.3.1 - 3D分子モデルの作成や計算結果の可視化などが可能な計算化学統合環境
  • HippLiner 2.7.1 - 恒星間航行3Dシミュレータ 太陽系近傍恒星・銀河空間を超光速・相対論的に自由に動き回ることができる

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック